フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スローフォト

「フリフリライトの自作」という記事を見ました。
静物撮影でミニスタジオ並みのライティングを安価にやろうというのが趣旨です。
記事は蛍光管やLEDを使ってライトを作ってましたが、
要はカメラのシャッターを開きっぱなしにして、手持ちのライトで方向を変えて光を当てる手法ですね。
光は拡散光にして、まんべんなく当てるのがコツ。
大掛かりな照明を必要としないので地球にやさしいライティングでもあります。
この方法はフィルム時代からあったのです。
ただ、フィルム時代は現像するまで光の当て方の失敗がわかりませんから、
あがってきた結果を見て悔しい思いをすることが多かったです。
いい時代になったものです。
もちろん、動くものには向きませんのでブツドリ用のテクニックになります。

ものは試しで、これは通常照明下での撮影。
表面反射が大きいものを撮るとこのとおり。
被写体が味気ないですね_1040671.jpg

こちらは即席でつくった照明(LEDライトを拡散させただけ)を振って撮ったもの
反射が消えてて商品撮影っぽくなりました。
ちょっとムラがあるのはご愛嬌。
でも表面反射をみせるには最適

何日か前のデジカメ画像をつなげてパノラマとか超高画素とか作るのを書きました。
考え方はこれに近いです。
ミニスタジオセット、回転式パノラマカメラ、大判センサーのカメラ。
買うと結構高価です。
そういったマニアックものはあまり頻繁には使わないのが普通ですから、
たまにそういった写真がとりたくなったときには、この程度の代用で十分じゃないかと思っています。
一瞬でケリをつけるという写真の特徴はちょっと削られるけど結果は同じ。
失敗したらすぐに撮り直せばいいだけ。
こんなのはスローフォトというべきじゃあないでしょうか。
デジカメを使ってスピーディーにできるからスローな撮り方ができるということです。
しかも、うまくやれば高価な機材を使う以上の結果になる可能性も持ってます。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 20:51:03|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パノラマ応用してみる

昨日パノラマに舞い上がってる記事を書きましたが
実はこのパノラマ合成ソフトはとーーーっても使い方が簡単です。
合成したい画像を、立ち上がったウィンドウの上半分にドラッグ&ドロップしてやるだけです。
ファイルを合成する細かい指示はいっさい必要ありません。
というより、自動しかできません。
ソフトが勝手に判断して画像をつなげてくれます。
ファイルの順序や名前は関係なし。
向きは関係あり。

また、一列につなげるだけではなくて
平面的に構成もできます。
やっぱりドラッグ&ドロップするだけです。
仕上げにクロップ(四角に切り出す)して
ファイル出力(エクスポート)すれば画像ができます。
作例の建物は計20個の部分ファイルを合成したものです。
できあがった素のサイズは1億4千万画素。
画素的にはものすごいことになります。ただし動くものに弱いけど。

まずは縦線をまっすぐに補正して。もうシフトレンズはいらない?
_1040568_stitch.jpg


上の写真と同じ原版で遠近感を強調してみました。いざというときは魚眼レンズ代わりになるのかな?
_1040568_stitchH.jpg


写真は縮小しているのでわかりにくいですが、つなぎ目はけっこうズレがあります。
ただし。今回は全部手持ちでテキトーにやってますから、
しっかりと三脚立てて正確に分割して撮れば解消するのではないかと思います。
  1. 2011/03/27(日) 17:38:41|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パノラマしてみる

摩周湖は透明度と霧で有名ですが、
そこでやってみたいことがあります。
パノラマ写真です。

展望のきくところからぐるり360度。
思いついたのはかなり昔で、今までに何度も摩周湖に足を運んでいます。
しかし未だ実現できていません。
写真をつくるための仕組みを持っていなかったのですね。
パノラマ写真は、単純に横長写真にすればいいというわけではなく
それ相応の広さをカバーすることが求められます。
超広角レンズの上下カットをしても、広角歪みは避けられないし、
そもそもやってみたいのは180度オーバーの画角ですから通常のカメラでは無理。
高額な専用のカメラを趣味の後押しだけで購入できるほど裕福でもありません。
ということで長いこと苦悩していました。

ところがデジカメが一般的になってくると、
パノラマ合成がかなり現実的な話になってきます。
現在ではカメラを振りながら撮ればパノラマができてしまう機種も珍しくありません。
そんな折にマイクロソフトからパノラマ画像の合成ソフト
フリーで入手できることを知って試してみました。

右に伸びてるので注意。だいたい300度くらいかな

やった、できるじゃないか。
作例写真ならたとえばクラーク像の台左に段差があったりするけど
こんな部分はノリシロにしなければいいだけだし、合成精度はそこそこ問題ないでしょう。
作例画像は1200万画素のJPG画像を13枚合成ですが
これくらいなら非力なノートPCでもなんとかなりました。
何発か試したら、広角レンズの画像を数枚つなげるよりも
若干狭めの画像をたくさんつなげた方が自然なパノラマができます。
周辺がビローンとならない画像は、パノラマ専用機のそれです。
当然動いているものの撮影には向きませんが、
逆手にとれば、周囲の人を避けて撮ることができます。
いっぺんに撮ろうとすると画面全部から人がいなくなるのを待たなければならないことがよくありますが、
この方法なら「人のいない部分」の画像を合成すればよいだけなのであまりストレスたまりません。
これで中国人観光客軍団も怖くない!

  1. 2011/03/26(土) 20:21:24|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真修正について

私はデジカメ画像にぐりぐりと手を入れます。
昔、モノクロ写真を焼いてたときも、比較的テクニシャンだったと思います。
覆い焼きや 焼きこみはもちろんのこと、
場合によっては、可変コントラストの紙を使って、部分的に号数変えたりとか・・・
何を言ってるか分からんですよね。
とにかく、いろいろやったということです。

写真修正についてはかなり昔から賛否両論ありまして
無修正論者は、あるがままのものを見せるのが写真であるといい
修正肯定派は機械的な操作で出てきた画像では撮影者の印象を十分に反映できてはいないという
それぞれの言い分は正論。
つまり論点がずれたところの意見のぶつけ合いです。
こうなると、意見の主張ゲームであって議論ではなくなります。
最近のデジカメ事情を見てみても
撮って出し信奉者の全部が正しく理解した上で「レタッチを前提としたRAW画像よりもJPGサイコー」
と叫んでいるのか疑わしいのですけどね。
私はカメラから出た画像をそのまま使うことはまずないけど、
そればかりのやり方を認めないわけではないのです。
人は人、自分は自分とやりたいようにやればいいだけのことで、
他のやり方を批判する必要がないのです。
自分が満足できる結果さえ出ればそれでいいのですよ。
趣味なんですから。
  1. 2011/02/26(土) 23:27:49|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タテかヨコか

個人ブログではタテ位置写真が多いそうです。
というのもケータイのカメラを自然に構えればタテ位置になるからだそうで、
確かに観光地でもケータイ構えてる人多いですよね。
一般的なカメラは普通に構えればたいてい横長の画像が撮れます。
そのせいか、できる写真は圧倒的にヨコ位置が多くようです。
昔タテ位置デフォルトなハーフカメラがブームだったときはタテ位置写真が圧倒的に
多かったみたいですから、ヨコのモノをタテにもしないというのは
写真を撮るときの構図のためにあるような言葉かもしれません。

ヨコ位置写真よりタテ位置の写真のほうが難しいと言われてます。
人間の視界はヨコに長いからとかヨコ位置構図のほうが安定感があるとか理由が付いてますが
本当のところどうなのかよくわかりません。
一説によると、ケータイのカメラで構えると構図がスッと決まらなくて撮るのに時間がかかるそうです。
私の場合は普段使ってるカメラが重いので、縦だろうが横だろうがあまり関係ないようです。
それよりも一眼レフのほとんどは2:3という縦横比の関係で縦位置の方が間延びして見えますね。

ここは一般民家なのか、なんらかの商業施設なのか。どっちにしてもちょっとコワイです。
  1. 2010/10/28(木) 22:06:14|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。