フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

起きたきり

昨日の話を考えていたら、同じく東京にいたときの奇病のことを思い出しました。
そのせいで夜に寝られない日が続きました。
症状は横になると胸が痛い。突然の発症。
横になる以外は痛みがなく、日常生活に支障はありません。
最初は高をくくってましたが、日を追うごとに激痛になってきました。何日かは座った姿勢で眠ってました。
そうしているうちに座り寝を続ける根性も潰え、横になったときの痛みが耐え難いものになり、夜中の2時に病院へ行くことを思い立ちました。
その当時暮らしていたウィークリーマンションではネット環境はなく、仕方がないので近所の交番に行って、24時間診療ができる病院は近場にないかを官憲に問いただすことにしました。ちなみに東京の交番密度は明らかに札幌より高いです。警察官の数は住民数に対して一定の割合いが定められているのでしょうか。

交番に出向き、体調が悪いことを訴え、病院の場所を聞きます。
対応した警察官は、私の話を聞き終えると、それじゃあ救急車呼びましょうと提案してきました。
いや、立って歩き回る分には大丈夫です。と言っても、国民の権利ですから使っちゃいましょうと諭されました。おそらく病院に向かう途中で症状が悪化することを懸念しての判断だったと思います。早く私の処遇を警視庁の管轄から消防の管轄へ追っ払っちまいたかったわけではないと思いますが・・・

やがて、救急車が来ました。東京都に税金を払っていない負い目よりも、生まれて初めて乗る乗り物への期待のほうが大きかったです。
救急隊員に車内の寝台に横になるように言われましたが、症状を説明して、座ったまま救急車ドライブを愉しむことになりました。救急隊員と対面で話しながらのマヌケな図です。
病院に到着すると、私は歩いて診察室まで行くことを望みましたが、救急隊員に車椅子にのるよう懇願されました。規定でそうなっているのでしょう。タクシーとは違うということへのプライドではないと思いますが・・・

病院ではピンピンしている私を見て、医師は懐疑的な視線を隠そうともしませんでしたが、横になろうとしたときの私の様子を見て、すこしは納得したようでした。
レントゲンを撮り、いろいろ聞かれましたが、原因は不明。原因は不明でしたが、なぜか痛み止めの薬を処方されて、始発の電車で帰りました。
その後も眠るときの痛みに耐える生活が続きました。痛み止めも効いてるんだかどうだかよくわからんものでしたが、寝られることは確かです。ひょっとしたら睡眠薬だったりして。

後日談
そうしているうちに、ふとベッドのマットを見ると明らかに表裏逆に敷かれていることが分かりました。ひっくり返して横になると寝心地がちがいます。その状態で生活を続けていて、症状は全快しました。

さらに後日談
2年後、今度は違うウィークリーマンションで生活していると、3週間目で、前回と同じ症状が現れ始めました。ベッドの布団をめくって、マットを見てみると、やはり表裏反対です。このときは救急車を呼ばずに済みました。
スポンサーサイト

テーマ:とほほ・・・な日々 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/02/12(金) 00:07:07|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

財布紛失顛末記

今日は、東京で財布落としちゃいましたネタを書くことにします。
何かのときには、おそらくちっとも役に立たない体験談だと思います。

生活に必要なもののほとんどが財布の中に入っている人は相当数いると思います。その当時の私もほぼそんなでした。
財布を落とした原因はカメラバッグに無造作に入れといたことです。
その日も何度となくバッグからカメラを出し入れしてますので、その弾みで知らないうちに落としたわけです。別に私が道を歩いていて神業スリに遇ったとか、無意識に財布を投げるような奇特な病気を持っているわけではありません。
落としたことに気がついて、まずは財布の中に何が入っていたのか思い出してみました。
現金が少々、クレジットカードが一枚、銀行カードが一枚、運転免許証、SUICA定期といったところです。
そんなもので私の東京生活はほとんどカバーできてたわけです。保険証を別の管理にしていたのは不幸中のラッキーでした。
私は東京で生活していましたが、それは長期出張であり、税金は石原氏の元へは行かない身分だったのです。生活の主要なアイテムは札幌にありました。

とり急いでクレジットカードの会社に電話を入れて、落としたカードを無効化。>感じよく対応していただきました。

次に近くの万世橋署に行って、紛失届け。>警視庁では管轄外の人間だから道警に行きなさいといわれることもなく手続きしました。平日だったのでちょっと事情を聞かれましたけど。

北海道銀行の東京支店に行って、カードの無効化と、あわよくば手っ取り早くカードを再発行してもらう方法はないかとご相談。>無効化は即でしたが、それ以外は面倒な手続きが必要なことを説明されました。その結果、実家に頼んでカードを発行してもらうのが、当時の状況では最も時間がかからない方法でした。
さらに道銀だからといっても窓口のおねいさんはちゃきちゃきの江戸っ子であることが分かりました。

まずはこれだけの手続きです。このときに持ち合わせていた現金はポケットのなかに700円ぐらい。部屋まで戻ってしまえば、清貧な生活を送る分にはしばらくは生きていけるぐらい現金ストックはあります。
SUICAについては、途中で駅の窓口に寄って相談してみると、デポジット料はかかるけど、再発行できるとのこと。もちろん定期の内容やチャージはそのままに。JR東日本万歳。
ただし、身分証明書になるものが必要。ここで私は運転免許証の偉大さを思い知りました。
それで駅員に保険証でいいかと泣きつくと、問題なしでした。

運転免許証の再発行には、札幌の手稲の自動車運転免許試験場まで行かなければならなかったです。今回の紛失物の中では、これが一番痛かった。そもそも手稲のそこは、自動車で行かないと遭難しそうになるぐらい行きにくい場所にあります。免許証を持たない私が平日に、地下鉄とJRとバスを乗り継いでそこにいくのは気が遠くなるくらい憂鬱でした。

上に書いた以外でも、カードからの引き落としになっているものの手続きを変更したりするのはかなり面倒でした。

結局、落とした財布は出てきませんでした。みなさんも気をつけてください。



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2010/02/11(木) 00:07:07|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。