フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よいお年を

今年も最後の日です。
このブログを始めて、だいたい1ヶ月になります。
当初はブログの表題どおり、フォトライブラリーに関することと写真のことに限定した内容でいくつもりでした。
しかし実際はごらんのとおりで、今現在なんのこっちゃかよくわからない内容がたくさん書かれたブログとして更新され続けています。
そもそも写真ブログのように見せかけながらも、あまり写真が貼られていないのは刑法246条でいうところの詐欺罪にあたるのではないか、JAROは何をしているんだとも思われますが、ご容赦のほどを。たぶん2010年もこんな感じで続いていくのでしょう。
できるだけ毎日更新するようにしています。特にこだわるつもりはなかったのですが、今のところは全勝です。こうなったら行けるとこまでやってみようと思っています。
このブログを始めて実感していることは、私の文章べた。それと一日に一回、書き物をしてみるのは悪くないということです。毎日仕事がらみの報告書はイヤになるほど作っていますが、所詮は定形文に毛の生えたものでしかありません。
最近とくに活動の低下を感じる私の脳には、このぐらいの作文を毎日するのがちょうどよいのではないかと思っています。

それではみなさま、よいお年を



スポンサーサイト

テーマ:*感謝そしてありがとう* - ジャンル:日記

  1. 2009/12/31(木) 12:33:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるんつるん

今、札幌市内のほとんどの歩道はたいへんなことになっています。
数日前に雨がふり、そのまま寒くなったために歩道はがちんがちんに凍っているのです。
ちょっとそのへんまで歩いていくにしても、というかそのへんを歩くのがたいへんなのです。
歩幅を小さめにして片足の足の裏全部が着地するまでは、違う方の足を地面から離してはいけません。
よちよち歩きが基本になります。なかにはバランスをとりながらちゃちゃっと走っていくつわものもいます。滑る前に足を路面から離せば転ばないといった理論なのでしょうか。やったことがある人はわかると思いますが、失敗したらとても痛い転び方が待っています。
歩道のわずかな傾斜が生と死の分かれ目で、下りは要注意なのです。
こうして書いていると笑い事のように感じられるかもしれませんが、実際に転んで骨折する人は確実にいます。それがお年寄りだったら寝たきりの引き金になってしまうこともあるのです。
対して車道は比較的きれいでアスファルトが出ています。実は氷の上を歩く恐怖よりも、雪道を運転する緊張感のほうが楽です。車道がスケートリンクになってしまうとまた違ってくるのですが、たいていは自動車で移動するほうが安全といえます。
こんな状態は今時期なら、また雪が降るって雪道になるのを待たなければ解消しません。そしてこれは来年の春まで何度か繰り返します。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/30(水) 17:53:42|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのテレビ塔

少し前に予告したように、「さっぽろロマンティックパスポート」を買ってみました。
これが買ってみるとA4サイズの厚手の紙を折りたたんだもので、ちょっと携帯するにはびみょーな大きさです。
さらに、小冊子までついています。こちらは飲食店の割引クーポンとパスポートの使い方の解説のようなもの。たぶんゴミとなるのでしょうが、ゴミ有料化の札幌市でも、この種のゴミは雑紙として無料回収対象なのでよしとしましょう。
パスポートは端っこのロープウェイ券と選べるメニュー券が切り離しになっていて、あとは市電一日乗車券の日付を決めるスクラッチになっています。
札幌市電のシステムで使えるようにこうするしかないのでしょうけど、もうすこしセンスがあるパスポートにしてもよかった気がします。

さっそく選べる券を切り離して、テレビ塔の展望エレベーターに乗り込みます。
乗客は私一人でしたがエレベーターガールのおねいさんはテレビ塔の観光解説を始めてくれました。まじめです。
展望台についた時間はイルミネーションが始まる40分前。経験的にこれくらいの時間から陣取っていないと三脚を立てられないかもしれないと予想してのことです。予想は大当たり。点灯時間が近づくにつれ、狭い展望台の西側は熱気がむんむんしてきます。
それで4時30分になり、イルミネーションの点灯。狭い展望台に歓声が上がります。
さすがに高いところからのイルミネーションは見ごたえがあります。
数十メートル下ではイルミネーションのまわりに人が群がっていて、思わずムスカさんのあの台詞が出そうになりましたが、最大限の自制心でこらえました。
ガラス越しの撮影なので写りこみに注意してシャッターを切り、いかにも札幌な写真をフォトライブラリー用にストックしました。並ぶのは来年でしょう。
ひとがまるで・・・

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/29(火) 20:59:18|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIMP

遅ればせながら、GIMPをインストールして使ってみました。フォトショップは仕事で使ったことがあったけど、自分で買うとなると結構な勇気が必要なお値段です。
それに、このソフトの機能は私にはほとんど必要なかったのです。

それでもほんとにたまに、数年に一度くらいはフォトショップ的用途に迫られるもので、無料版のGIMPに助けを求めてみました。で使ってみると、私の使用レベルではフォトショップと大差なしです。
このソフトがフリーで使用できるのはなんか嘘みたいに思えてきます。
デジカメのRawデータを扱う分には、まだまだ商用フォトショップに劣るようですが、今回の使用については問題なし。
JPEG画像をいじくる用途なら十二分に使えます。プラグインもいろんなところから手に入るようです。
添付画像はちょっと遊んでみた結果です。
オリジナルは青空です

テーマ:加工・合成写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/28(月) 20:26:14|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪談話

友達が心霊現象にあったとか言って電話をかけてきました。
季節はずれも甚だしいです。
しかも、それは金縛りになって夢とごっちゃになっている症状にしか聞こえません。
そのことを告げると、相手は納得したようでした。そういえば前に、私が金縛りによく遭うことをそいつに話したっけ。
安心したかったから電話してきたのかもしれません。
夜トイレに行けなくなるぐらい脅かして、お寺や神社あたりでお払いさせたあげく、どこかのホラー番組にでもモザイクつきで体験談語らせたほうが面白かったですね。

私は金縛りをけっこうやっているぐらいしか、その手の体験はほとんどないです。
その金縛りも長くやっていると怪異現象としてのありがたみが薄れてしまって、いまでは眠る前の準備運動ぐらいの感覚しかありません。
なにかのタイミングで金縛りになったら二つの選択肢があります。
ひとつは覚醒して、ちょっと恐怖な気持ちになるか。
もうひとつは、気持を楽にして穏やかに夢の中に意識を引き継がせるかです。
ほかの人の金縛りはどうなんでしょうね。

こんな私でも携帯電話でちょっとした不思議現象に遭遇しています。勘違いかもしれないし、怖い話でもありません。
朝身支度をして電話をスーツの内ポケットにしまうときに、なにげに見たら液晶画面に天使のグラフィックが飛び回っている。
そんな設定があるのはなんとなく覚えていたけど、私は設定変更した憶えがない。そもそもやり方も忘れている。
すると家電が鳴る。実家で飼ってたウサギがその日の朝に死んだとのこと。
だいぶ弱っていたおじいちゃんウサギで、聞いた分には心臓発作を起こして、それほど苦しむ間もなく逝ったようです。
なぜか私によく懐いていて、私がいれば傍を離れようとしなかった奴でした。
天国に行くよって伝えてくれたのだと思っています。




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/27(日) 00:13:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水平線の憂鬱

カメラを水平に構えるのは結構難しいことではないでしょうか。
写真のバックが傾いていると、なんか端正なイメージが壊れてしまうことがあります。
大胆にわざと傾ける場合もあるけれど、やっぱり真っ直ぐが基本ですね。
時にシンメトリーな構図とか、ただっ広い大地や水辺なんかで正対したとき、人口的なものなんかも目立つことが多い。レンズでは特に超広角の使用時に、上すぼまりとか下すぼまりに加えて水平があってないと残念な結果になることが多いようです。

最近のカメラには電子水準器が入ったものもあるし、少しぐらいの傾きをセンサーがぐにゃりと傾いて補正しちゃうというヤリスギメカ内蔵機もあるようですから、メーカー側もこの問題を意識している。ということは、けっこう多くの方が日常的に傾いた写真を撮ってはあとで泣いているのでしょう。

三脚を使って、時には水準器なんかも使ってセットする分にはどおってことはありません。
しかし手持ちで撮ると、どうもちょっと傾いでいる。
写真を撮っているときには曲がったものは写していないはずだったのに、帰ってからモニターに映してみるとがっかり。どうも少しだけ左下がりに構えてしまうようです。
ものによってはパソコンで傾き修正することもありますが、邪道ですよねえ。
私はせいぜい方眼入りのファインダースクリーンで、目で納得しながら注意して撮るくらいが関の山です。
それでも撮影に熱中してくると、格子なんかお構いなしにずこずこ撮っちゃうんだなあ。
いっそのこと考え方を変えて、いつでもピタリと構えられるように腕力を鍛えてマッチョしてみましょうか。ダメダメだろうなあ。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/26(土) 11:41:12|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌CITYドライブ

あたふたしていた仕事も終わりが見えました。というかほとんど終わりました。
上のお方はやればできるもんだなあ・・・とのこと。おまいがゆうな!
それで相手先での打ち合わせのため、市内のドライブです。ひやあ、道が混んでる。
約束の時間に間に合いそうもないです。
ドライバーは焦りをがしがしと書きなぐった顔になっています。しょうがないので、どうどうと馬を鎮め、遅れることを先方に連絡して丁重にお詫びしておきました。

札幌の中心部は京都とかと同じで、ほとんど碁盤の目のような道になってます。
京都のように上がったり下がったり入ったりというような表記はないので、ビギナーにも優しい住所といえます。ただ、これは札幌だけの問題ではないと思いますが、ドライバーにはあまり優しい街ではないようです。今日のように混んだ日ではなくてもやたら信号に引っかかるような気がします。自動車は発進停車を繰り返すと結構ガソリンを消費するはずなので、エコとはいいがたい。信号に一度かかるとしばらく停車していてもいいから、直進するかぎりかなりノンストップで走れるような道が鳩山総理のムチャな約束にも適っていて良さ気だと思うのですが、ダメなんですかねえ。そういえば、また失業率あがったなあ。
などと話をしているうちに目的地に着いたのでした。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/25(金) 21:25:58|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日という日は

残念なことに今朝がんばって一時間早く仕事に行ったら、使うべき装置が用意されていません。
火曜日にあれだけ言っておいたのに・・・
年内に片付けなければならない仕事なのに・・・
最近足がくさいのに・・・
などと愚痴っていても仕方ありません。作業手順をチェックしてエモノ(火曜日に片付けたヤロー)が来るのを、ひたすら待ちました。気分は暗がりの樹上で目を光らせる西表ヤマネコです。やがて獲物が私の狩場に現れます。すぐに飛びかかり、噛み付いてやりました。
そして気がつきます。あっ、らいおんさんにかみついちゃった。

帰り道で札幌の街中に汽笛が響きます。少しして、JRの高架線を煙をあげて蒸気機関車が走っていきました。特別列車なのでしょう。SLはエコロジーとか京都議定書とかに真っ向から立ち向かう、漢気のある交通機関ですが、見ているだけで楽しいものですね。

今日はあの有名な人の誕生日前夜祭です。
なぜばてれんさんのおまつりにわたしたちはあんなことやこんなことをしたり、あんなことやこんなことができずにおちこむひとがいるのかよくわかりませんが、
メリークリスマス



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/24(木) 21:57:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さっぽろロマンティックパスポート

さっぽろロマンティックパスポートなるものが販売されていることを、地下鉄の中吊広告で知りました。
内容は藻岩山ロープウェイ往復+札幌市電の一日乗り放題+選べるさっぽろ体験メニューということで金1.5K円也。
さっぽろ市民的にはセコイ企画に見えてしまうのですが、観光客なら楽しめるかもしれません。地図を見れば一目瞭然ですが、札幌の市電はあまり広範囲に行ける交通ではないです。それを一日乗り放題でも行動範囲は猫の額なみに限られています。
しかし、この企画の巧みなところはどのアトラクションも市の中止部よりなので、計画の破綻はないです。
ただし選べるアトラクションはなにげにインチキっぽそうなものもあります。観覧車とテレビ塔展望台はともかくとして、寒い森の中を歩き回ったり、都心の公園を歩くスキーするって、そんなに魅力的なのでしょうか?

すこし見下した物言いをしましたが、私はこれを買うことになると思います。なぜならこの冬のうちに行こうと発作的に思いついた高いところに、少しだけ安く行けるからです。市電はまあどうでもいいや。

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/23(水) 22:13:21|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラッシュを使うとき

現代のカメラはたいていのものがフラッシュを内蔵しています。ついてないのはよほどの高級機か、よほどのトイカメラかと両極端に分かれているのはなかなかおもしろいですね。
カメラを買うと、もれなくおまけで付いてくるような発光装置ですが、私はほとんど使うことがありません。
なぜかというとこれが
1.中途半端に光量が小さいため、ほとんど実用のものではない。
2.きれいなおねいさんを撮ることが皆無であるため、キャッチライト(目の中央の小点を白くして綺麗な目に見せる)の必要がない。
3.直射光では平坦な絵になりがちで、殺人事件現場の鑑識写真の趣がつよい。
などというわけです。
こんな具合ですが、ごくたまーに重宝することもあります。
添付してる写真は、フォトライブラリーに並べられた写真の一部です。
フラッシュの光で反射して、落ちてくる雪がきれいに写っています。
昔からある、わりと一般的なテクニックですが、これがでっかい外付けフラッシュをつける面倒を考えると侮れない機動性をもっていますし、この程度の反射なら小さな光でも十分なのです。
そのうちなにか他の応用も考えてみたいです。
まもなく並ぶほんものはもっとすごいですよ

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/22(火) 22:47:48|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリの行進

昨夜は結構な量の雪が降りました。20センチぐらいは積もったと思います。よほど地球がひねくれていないかぎりホワイトクリスマスは確定ですね。
今日は日中は断続的に降っていたのですが、早朝に雪の舞う中を7丁ほど現場に移動するはめになりました。
まだちゃんとした除雪はされてなく、人の通った跡がけもの道のように点々と続く中の雪中行です。
10名のむさくるしい男たちはアリのように一列になって進みます。行程の半分ほどで、最前の奴がアイスバーンに乗ったサラサラ雪に足をとられてコケました。やったことがある人はわかると思いますが、こんなときは仰向けに転んでしまうと足が大きく上にあがってしりもちをついてしまうものです。
まるでバナナでころんだときのマンガの描写のような、理想的に美しいフォームでそやつはてっころびました。こんなときは柔道の達人でも受身は不可能と思えます。
さらに悲劇が転倒者を襲います。後続者がナイスポジションをとっていたために、彼の頭にケリが入ってしまったのです。
玉突き事故ならぬ、あたま突き事故というやつです。不幸な彼はしばらく文字通り頭を抱えていましたが、無事が確認されると、スノーマンになった男を先頭にアリの行進が再開されました。
ビルの谷間に男たちの気色わるいこらえ笑いを漏らしながら・・・

かかる最中に私は何をしていたかというと、被害者の不運に憐憫の情を抱きながらも、こう思わずにはいられませんでした。
「書く価値がある」
  1. 2009/12/21(月) 20:17:03|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入り

札幌市民なら誰でも美味しい(と信じている)ラーメン屋の一軒や二軒はあるものです。それは札幌人のアンデンティティーになっています。自分の贔屓の店の味へのこだわりは宗教戦争にも似た主義主張の対立に発展し、太ちじれ麺とんこつスープ派と細麺あっさりスープ派の血で血を洗う抗争は今日も市内のどこかで勃発しているのです。
また、美味しいラーメン屋さんがある→繁盛する→創業者が無計画に店舗を増やす→手が回らなくなって質が落ちる・・・というような悲劇の連鎖は枚挙に暇がありません。
久しぶりに入る店の味が変わっていないことを願いながら震える声で一杯のラーメンを注文する緊張感は、札幌人の持つストレスでもかなり高位置にあることでしょう。
さてさてさて
行きやすい場所にある、おすすめラーメン屋を紹介します。
札幌市の大通公園に沿って延びる地下街オーロラタウンとテレビ塔のつなぎ目あたりにある「あっぱれ亭」。
わりと有名な店で、店舗もいくつかあるけれど、味を落とすことなく商売してます。ワタクシ的いち押しは、ここの白みそ。とろとろなチャーシュー増量も美味しいです。
今日、仕事を早くあがって久しぶりに寄ってきました。
  1. 2009/12/20(日) 18:20:50|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふぉびおん

さて、今日は昨日の続きでちょっと特別なデジカメのセンサーについての落とし穴について・・・
と書く前に、私は個人の感想を言ってるだけなので商品の紹介としてまともなことを書いているわけではないことをおことわりしておきましょう。(SIGMAさんはディープなファンが多いので、ちょっとチキンな言い訳)

で、その1、DP-1というカメラで撮った画像は発色が不安定になることが多いです。たとえば空の半分が逆光ぎみな場合なんかは空の右と左が同じ画像上のものとは思えないような色の出方をします。また赤がなかなか出ません、マゼンタに大きく寄った色になります。
その2、明るい部分がストンといきなり真っ白になります。ハイライトの表現が苦手なのは、ほとんどのデジカメの宿命ですが、フォビオンはなんの未練もなく諧調ぬきに切り捨てて、いきなりストンとなるような気がします。
その3、カメラは1400万画素のカメラとして売られていますが、撮った写真の画素数は≒460万画素です。これは3層構造のセンサーの宿命ですね。1400万画素は日本のデジカメの表示基準としては正しい表現なのです。まったく知らない人が使ったらサギだと思っちゃいますねえ。

それで私的結論を出しちゃうと、フォビオンで作った画像ファイルは手を入れないと使えねえ。ファイルの画素数が小さいのも(この話をまじめにし出すとものすごく長いので省略)残念なところです。それでも個人的には面白いので気に入っています。またDP-1には食べられないサッポロポテトのおまけがつくことがありますがご愛嬌(知らない人は何言ってんだか、ぜんぜんわかりませんよね。すいません)

とにかく、簡単にキレイな写真をとりたい人向きではありません。欠点を知ってても、それでも使いたいような物好きや変態のたぐいのためのカメラです。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/19(土) 20:42:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォビオン

私の使っているカメラにSIGMAのDP-1というのがあります。
これにはフォビオンというちょっと変わったセンサー(目で例えたら網膜ですね)が使われているという話は、いまさら知っている人ならイヤというほど知っていることです。
通常のセンサーなら、赤緑青の色を通して特定の一色しか反応しない3種類の素子を平面で並べているのですが、フォビオンは立体的に重ねていてひとつの素子で全色反応できるとか。自分で書いたものを読み返してもかなり説明の意味不明です。
とにかく、画期的なセンサーだと納得しなさいです。
それでその画期的を使うとどんな写真が撮れるのかというと、いくつか絶対的な強みがあります。特にわかりやすいのは、解像度が高い画像が得られるということです。今日貼り付けた写真は昨日の写真の左の像の足の部分ですが、これは等倍です。普通のセンサーなら細い木の枝はこれほどはっきりと解像しません。
今日フォトライブラリーで上がった黒猫と洋館の写真もこのカメラを使っています。(フォトライブラリーのなかの人ががんばってくれたのか、昨日アップしたものがもう並んでいます。はやー)
それではみなさんも、このすばらしいフォビオンを使いましょうと先走る前に、ちょっと待った!
かなり癖があります(というか脳天を直撃するような落とし穴)それはまた明日。

細かい木の枝を等倍でこれだけ解像しています

私のブログに初リンク張りました。本の紹介をテーマにしているページです。
私もよく本を読み、最盛期には一ヶ月で15k~20k円ぐらいのお金が書籍代に消える生活が続いていましたが、やっぱり自分では興味ないと頭から決めている書棚は敬遠しがちです。
それでも、何かで紹介してもらう機会があると意外におもしろい本を見つけたりとかあったりしますよね。

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/12/18(金) 21:43:24|
  2. フォトライブラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉日かな?

今日は作業開始時間が午後からでした。
ところがその話が末端(オレ)まで伝わっておらず、4時間ヒマしてました。
伝達責任があった者を、何かあったら復讐してやるリストに加筆したのは言うまでもありません。
午前中はその辺をぶらぶらするには気持ちのよいお天気でした。空気がわりと澄んでいて、青空も垣間見えます。カメラは常にカバンの中に入っていて、何枚かよさげなカットを撮れました。集合時間の情報が正しく伝えられたなら、惰眠をむさぼっていたことでしょう。
気分も晴れて、上司を先ほどのリストから抹消しておきました。
人間とは勝手な生き物です。たいした写真ではありません。明日のネタの前フリです

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/17(木) 21:57:06|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

なんとかと煙の好きな場所

今日は朝のうちは地上10階の職場から札幌近郊の山並みがきれいに見えました。こんな空気のときに、札幌駅のJRタワー展望台に上がって札幌市の俯瞰を撮っておきたいものです。そんな写真がなんになるかよくわからんのですが、できれば冬バージョンと夏バージョンを収めておきたいです。あと大通り公園のテレビ塔もおさえておきたいですね。こっちは子供のころに何度か行きましたが、この年になるとなかなか行きたいと思わなくなります。テレビ塔観光という不正経理を起こしがちな、天下りサンセク会社の収入になることにも抵抗あるし。
札幌街中の展望台はこんなところかな。
札幌の近郊に藻岩山というのがあって、ここはロープウェイで上がれます。「冬の空気が澄んだときの眺望はすばらしい」と札幌市のやる気のなさそうな観光PRを見たような気もするけど、どんなもんだか。気が向いたら行ってみたいです。
  1. 2009/12/16(水) 19:58:34|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとホワイトイルミネーション

昨日から今日にかけて、札幌の平野部でやっと冬たしい雪が降りました。
11月あたりから水分の多いべとべと雪が降ったり(これの量が多いと除雪もたいへんだあ)、積もらない量でさらさら雪が降ったりはありましたが、北海道らしい雪で積もったのは今シーズン初めてです。
意外なことかもしれませんが低温で降った雪が積もった道なら、歩いてもあまり滑りません。
これがいったん解けてまた凍ってアイスバーンにでもなったりしたらつるんつるんです。
こんなときは、みなさんかわいくペンギン歩きをするしかないのですが、今日のような雪は大丈夫です。
それで仕事帰りに大通公園を歩いてみたら、名実ともにホワイトイルミネーションになっていました。でもこの量なら数日で解けるかもしれません。ホワイトクリスマスは難しそうです。
夜8時半をまわると札幌の中心部はこんなもの

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/15(火) 22:09:13|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のボヤキ

なんとかの法則じゃあないけれど、しばら~く天候の悪いウィークエンドが続いていたのに、仕事で土日返上になったとたん青空の日曜日ってなんなのよ。あー、仕事おわんない。あと一週間で片づくんだろうか。お客さんの関係で睡眠時間が不足することはないけど、いっぺんに進められないジレンマがあります。もうすこしのあいだ写真を撮りにいくのはおあずけかな。
最近フォトライブラリーの登録が深夜にできないことが何度かあって、一日一枚の目標が怪しくなってます。
  1. 2009/12/14(月) 20:33:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モニターと写真のごみ

昨日写真を探しまくっている最中に気がついたことがあります。
ある時点を境にして、写真についているゴミの量がちがっています。
それはモニターを入れ替えたときでした。
数ヶ月前に、身の程知らずにもグラフィック用ディスプレイに入れ替えたのでした。
以前から写真のごみはわりとこまめにレタッチしていたのですが、
前のモニターでは見えなかったようです。
唖然として、ゴミがついた写真を「こたつPC」で見てみました。
やはりゴミがついていることがわかりません。
えっっ、モニターでこんなに違うものなの。
以前から、あまり高くないモニターは再現できる色にけっこうな限度があることは知っていたのですが。
ゴミの発見量にこれほど差があるとは考えていませんでした。
フォトライブラリーにあげた写真についてもすべて再度確認しました。とりあえず問題はなさそうです。





アフィリエイト・SEO対策



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/13(日) 00:07:23|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての審査おち

今日、気がつきました。
写真が審査おちしてる。
落ちた理由はブレがあるとのこと。
まあぶら下がっているものを風がある中で撮って、
しかも夜撮ってだから少しブレているわい。
許容範囲かなと思って上げてみたのですが、
だめでしたね。
どちらかというとバックのテレビ塔のボケ具合が
面白くてやってみたのですが、まあこんなこともあるよね。
それでも、やっぱりちゃんと審査していることがわかって
すこし安心もしています。
これが審査おちした写真だ!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/12(土) 00:05:49|
  2. フォトライブラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のつくり方(4)

昨日に続いて夜景についてのボヤキです。
今、ちょっと考えているのが、HDRです。
三脚で固定しておいて露出を7段差ぐらいで撮っておいた画像のどれか3枚ぐらいを、うまくHDR合成してしまえば札幌市長に泣きつかなくてもきれいに夜景を撮る(作る?)ことができるのではないでしょうか。
試してみたいですが、今は仕事が立て込んでいて、悠長に写真を撮りにいく暇がありません。
私みたいな者でも師走は忙しくなるものなんですね。めでたく今週から2週間の土日返上フラグが建ちました。
暗部をかなり調整してみました。HDRっぽい?

追記 毎度ありがとうございます。また写真が売れました。
しかもラージサイズ!
私の写真は大きく伸ばすことを考えていることが多いので(含む今回分)、
ものすごくうれしいです。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/11(金) 00:08:29|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のつくり方(3)

イルミネーションを撮影した方なら特にピーンとくると思いますが
電球の光の色を出そうとして真っ暗な中に光点だけがが点々としている写真になったり、背景を出そうとして、イルミネーションの光がただの白点になったりすることはよくあるものです。
雪が降ってしまえば、反射によってわりとよいバランスになってくれたりもするし、ガスがかかったりしても同じような効果になったりすることもありますね。
でもそうでない場合は本当に夜になってからではなくて、日が沈んで空にまだ色が残っているときにきれいな夜景が撮れることが多いです。
これはかなり前から実感として気がついていました。
夜景はほんとうの夜に撮るとうまくいかないことが多い。
やっぱり有名な話らしくて、写真教室やちょっと気のきいた写真の撮り方Bookでも解説しているらしい。

なんでこんな話をしているのかというと、札幌のイルミネーションの点燈時間がどう考えても私の記憶より30分は遅くなっているようなのです。
以前はうす暗くなってきたと思ったらチカチカしていたと思うのですが、
今は真っ暗にならないとスイッチが入らないようです。エコってやつですかね。
平日はともかく、せめて土日はもう少し早くピカピカしたほうが観光客へのうけもよいかと思うし、哀れなカメラマンが三脚にカメラをセットしたまま寒空の下で途方にくれていることもないと思うのですが、
いかがなものでしょう。市長。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/10(木) 00:09:52|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうでもいい話だけど

レンズは12mmから300mmまでをカバーしています。これより短いレンズは魚眼を除いては存在していないと思います。
またこれ以上長いレンズの必要性は、正直私の写真にはありません。
私の写真にはこれでほぼ十分ということです。

レンズの描写については、フィルムカメラのころには一言ありました。
デジタルな今は一定水準以上の像が得られれば、あまり気にならんです。
昔は「写真はレンズで決まる」などと言っていたメーカーもありましたが、
現在ではほとんどのレンズが高性能になっているような気がします。
おおざっぱにいっちゃえばボケとかを主張するような写真とか
逆光とかでなければあまり高級レンズのありがたみはないと思います。
それでも特定のメーカーへの信仰体質がよく見られるますよね。けけけ。
最初に買ったメーカーでずるずる続いていっているだけというのが
本当のところではないのでしょうか。
世の宿六ども、撮影機材に血の道をあげるくらいなら
親孝行 カミサン孝行に金をつかえ
・・・説得力がありませんよねえ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/09(水) 00:21:12|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どよ~ん

札幌は今時期、写真にはちゅうとはんぱな日が続きます。
ほとんどがどよーんと曇り空なのです。
人によっては「晴れの日は朝と夕方にしか美しい光線はないが、
曇りの日は一日中シャッターチャンスがある」などと言っています。
だけどこんなに、よどーんが続いてもそんなこと言えるか、
札幌をなめるな!
いいよなあ、関東はこんなに曇りばっかじゃなかったよなあ。
などと数年間の東京生活時代に逆ホームシックをしてます。
もうじき雪が積もって景色も変わるので、それまでの辛抱ですね。
それまでは夜景でも撮り貯めしておきましょう。

ということで、フォトライブラリーに最近増やした写真に季節感ないのが混ざってます。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/08(火) 00:24:37|
  2. フォトライブラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こたつPCへの道

札幌は寒い。日本中ほとんど寒いのだろうけど、
ここは生死に関わるほど寒いのです。
寒い冬を快適にエンジョイすべく、炬燵のなかで
ぬくぬくとPCを操作したい。
たしか調子が悪いノートPCがあったよなあ。
  ・・・本棚にささってた。
どこが悪かったんだったっけ。
  あ、起動しねえ。電源スイッチがOFFなんておいしい話でもねえ。
なになに、ロードできない。
  ・・・ハードディスクなんだろうなあ。
一応、再インストールしてみるか
  ・・・だめだ、やっぱハードディスクだわ。
なんか余ってなかったかなあ。
  ・・・使ってない外付けHDDあるじゃん。これの中身使えるんじゃね。
あっ、コネクター一緒だ。交換決定。
またまた再インストール。
  ・・・動いた。メモリー256メガのWinXPマシンでも結構使えるなあ。
Windowsアップデートしなきゃあ。
  ・・・なにこれ、いつ終わるのよ。
やっと終わった。ぜんぜん遅くなったじゃあないか。
Windowsアップデートってなによ。
こうやって新型マシンの需要作ってんのかなあ。まあ我慢すっか。

・・・かくして廃人予備軍がまたひとり誕生したのです。

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/12/07(月) 00:18:06|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬用自動車

冬タイヤと冬用ワイパーの交換は、北国の自動車持ちの必須行事です。
雪が降った日には、慌ててガソリンスタンドに駆け込んでタイヤ交換をせがむドライバーがわんさかいるらしい。
私は毎日運転しているわけではないし、自力交換なので昨日まで延ばしてたのですが。
もう札幌の平地でさえ降ったらすぐ解ける気候でもないし、限界だろうと判断して交換しました。
嗚呼、十字レンチ万歳。
タイヤは5年もの。ゴムも硬くなってきているのだろうなあ。
安全運転安全運転

外はすごい風と雨です。
雨は夜更け過ぎに~♪てなところかも。

しまった、またフォトライブラリーの話題ではなかった。
まあ覘いてみてください。

アフィリエイト・SEO対策



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/06(日) 00:14:17|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のつくり方(2)

空はできるだけ青く映したいです。
フィルムカメラを使っていたときはほとんど空気の状態に左右されて、
せめてもの抵抗に偏光フィルターで挑むのが関の山でした。
デジタルな今は画像を調整してけっこう簡単にできます。
やりすぎるととんでもないところで破綻したりしますし、
曇って白く飛んだ空の着色なんかは論外ですけど。

昔、白黒写真を焼いてたときも空は黒く落とすのが好みでした。
当時はカラーでも同じようなことをやりたかったのですが、銀塩写真で
そんなことをするのは事実上無理なものがありました。
それを考えると今は実にいい時代になったものです。
写真を自分のイメージに近づけることがけっこう簡単にできちゃうんですから。
Sample091205.jpg
↑くどくなったと言われそうですが、自分のイメージには近づいた?

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/05(土) 01:30:24|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真のつくり方(1)

この種の人間のサガで、デジタルカメラを数台もっています。
どのカメラでもRAWで撮っています。
撮った画像はNikonのCaptureNX2を使って調整して公開しています。
土門拳氏が草場の陰から、額に血管浮かせるような調整入れたりもしますが、リアリズムよりは自分のイメージを優先してます。
Nikonのカメラで撮った画像はRAWデータそのものに調整が反映されるので作業が楽ですが、
ほかのメーカーのカメラの画像はそれぞれのメーカー(指定)のソフトでjpgファイルに現像したものをCaptureNX2で調整することが多いです。
このソフトはなんとなく写真を直感的に焼くような感じがして、気に入っています。まあメインのカメラがNikonなのが大きいのでしょうけど。
ああ、特にNikon信者というわけではありません、最初に買った一眼レフがNikonだったのでなんとなく檀家を続けています。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/04(金) 00:48:57|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリューヴァイン

大通公園では「ミュンヘンクリスマス市」なるものが催されています。
ここでのささやかな楽しみはグリューヴァイン(ホットワイン)です。
10年くらい前にグリューヴァインなるものの噂を聞きました。
ドイツやオーストリアの甘酒のようなものと聞いて、浅はかにも
「ワインをあっためりゃあできるじゃん。ドイツだから甘めの白ワインでよかろう」
と愚直に黒猫をお燗にして飲んでむせ返ったあげく
「あっちの人のやることはわからん」と結論づけてました。
で、この催し物の初回に本物を飲んで「おいしいじゃないか。俺が目指したものはなんだったんだろう・・・」

今では一般に浸透して、ティーバック式の材料とか、温めるだけの味付ワインまで手に入るようになってますね。
寒うい大通公園で飲むグリューヴァインは体も温まって、たいへんよろしい。

今日もフォトライブラリーに写真を上げときます。

追記 画像アップして気がつきました。また一枚写真売れてます。売れた写真から察するに昨日と同じ方だと思います。感謝です。

いつの間にか紙コップがリターナルカップになってました

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/03(木) 19:10:28|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やった!

やった!
今見たら一枚売れているではないか!
純粋にうれしい!
このブログ公開直後に売れたっていうことは、ここのご利益(ごりやく)なのでしょうか?

毎日1枚づつフォトライブラリーに写真を投稿してます。審査があるので今日アップした分は3~5日後に公開されます。その写真は札幌の大通り公園の催しものからの一枚。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/02(水) 17:06:55|
  2. フォトライブラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。