フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

粒子が見える写真

ソフトフォーカスの合わせ技としてよく使われる表現に、素粒子があります。
純粋なデジタル像では発生させにくいものです。小さい画像を拡大してももちろん、あまりよい結果にはならないです。
むしろ画像処理で作ったほうがいいかもしれません。
先にソフトフォーカスに組み合わせると書きましたが、コントラストばきばきのモノクロ画像の素粒子も面白いと思います。
というわけでちょっと作ってみました。
やっぱりモノクロフィルムを高温現像したようなわけにはいかないです。
探せばもっとしっくりくるフィルタがあるかもしれません。
犬吠です
スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソフトフォーカス

ソフトフォーカスな写真はわりと好きです。
デジタルな時代になって、この表現は異端になった感があります。
うまくやると印象派の絵のような写真ができると妄信してますが、なかなかうまくはいきません。
ソフトフォーカスとピンボケの見え方は紙一重で、不心得者がピンボケ写真を珍重したりする様は噴飯もんなときもあります。
見せるサイズでソフトのかかり方が命取りになりますので、うまく嵌めるには最初からサイズを考える必要があります。
輝いている部分にソフトがかかっているのは無難な見せ方なのですが、これもレンズが悪いと思われることが多いので悔しい思いをすることが多いです。
しかし一番悔しい思いするのは、フォトライブラリーにアップした写真がピンボケで刎ねられることですね。
不採用になりました

  1. 2010/04/29(木) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賽の河原

鬼がきます。
ちょうどよいタイミングできやがります。
うまく石(仕事)を積み終えるころを見計らってくるようにしか思えない、見事な仕事っぷりです。
来てはせっかく積み終えかかった石(しつこいようだが仕事)を崩します。
ああ、先に進まない。

本文とはもちろん関係ありません




  1. 2010/04/28(水) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWまでひとふんばり

昨日からコートなし出勤にしました。
全体では2割弱くらいでしょうか。そろそろやせ我慢しなくてもいい時期です。
夜にはまだまだ肌寒いのですが、なかなか心地よい寒さになっています。
この調子で早く私の部屋のコタツもたたみたいのですが、まだちょっとかな。

GW前なので、仕事がなかなか忙しいです。
よせばいいのに、私の上司にあたるお方が休日出勤までして、書類の数字をほとんど塗り替えてくれやっがたおかげでGWまで残業を余儀なくされています。
もっと早く動いてくれれば問題なかったのに、全部やり直しー的なことになりました。
さらに、私が休みボケのせいか、一日中なにをやってもまともなことができません。書類を直して、チェックしては間違いを見つけ、出し直してはまた見つけ・・・
気がついたら、一枚の書類を作るのに、4枚ぐらい紙を無駄にし、5倍ぐらい時間を無駄にしています。アンチエコな一日でした。

写真は温室での撮影です。温室とはいっても異様に寒いところでした。
BGMに混ざって迷い込んだ鳥の鳴き声も聞こえてて、なかなか趣がありましたが、鳥は必死で脱出しようとしていたんでしょうねえ。。
百合が原なのに百合がほとんどありませんでした

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2010/04/27(火) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚眼で花

新しいレンズを持ったら、嬉しさのあまりついついそればかり使ってしまうものです。
魚眼レンズ自体は今までに使ってはいたのですが、「しっかりとした魚眼」はこれが初です。
やっぱり、魚眼ズームとか、ロシア製とかに比べると写りかたとか、確かさとかが違います。
気のせいとか、思い込みではなく、確かに違います。

今回入手したレンズは魚眼には珍しく近距離補正が入っています。
近距離補正をする理由は大きく2つ。
ひとつは歪曲の補正ですが、歪曲が持ち味の魚眼レンズに何かするのは考えにくいのでこれは違うでしょう。
もうひとつは周辺画質の向上で、おそらくこのためのものと考えられます。
ということは接写に強いのでしょうか。
魚眼レンズで花の写真を撮ってみました。
別に先に書いたことを実証しようとして、花を撮ってきたなんて検証行動をしたわけではなく
花の写真を魚眼レンズで撮ったから、先の文を書いただけですので悪しからず。
水芭蕉の写真で難しいのは、主体よりも背景です

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/26(月) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曇りのち晴れ

札幌の土曜日の天候は曇りのち晴れ。
お日様が顔を出すと、外を出歩きたくなるものですが、
ゴールデンウェークの活動のことを考えると、パワーセーブしておきたい今日このごろです。

札幌の桜の名所の北海道神宮に下見を兼ねて、散歩してきました。
桜はまだまだですが、何時ぐらいに行けば太陽がよさげかを考えながらブラブラ歩きです。
まだ花見には早かろうに気の早い屋台がたこ焼やソーセージやらを売っています。
あと1週間以上はあるだろうにと思って歩いていると、やはり気の早い連中が野外宴会してました。
これを花見と定義してよいのだろうか?

写真はおなじみテレビ塔。ごらんのとおりまだ木には緑がないです。

_DSC1635.jpg
  1. 2010/04/25(日) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワースポット

今日書く話題を考えていたら、パワースポットという言葉が目に留まりました。
なんだろう。不思議な力を感じる場所。
検索すると、北海道のパワースポットに摩周湖と十勝岳望岳台があがっていました。
ただの観光地じゃん。
なぜに望岳台がそうなのかは置いといて、摩周湖の神秘性は一般人には湖畔に近づけないということに尽きると思います。
霧で有名ですが、これは地形が気象に与える影響の話で、逆に狙いを絞って行けば晴れの予測も立ちやすいです。
やはり秋は晴れることが多いですね。それも午後の方が確率高い。あと以外なところでは、ゴールデンウイーク中の晴れの日で、霧にやられた覚えはありません。まだ寒いけど。

全国のパワースポットのほとんどは神社のようです。
意外なところでは、富士山頂も神社です。登ったことありますが、さすがにパワースポット。
だんだん頭痛がしてきました。まあ高山病ともいいますが。

第3弾は秋の公園です。
季節感無視ですな

  1. 2010/04/24(土) 00:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中吊広告

通勤中に音楽を聴いたり、本を読むわけでもないので中吊広告をボーっと見ています。
お受験のための塾の広告はちょっとした問題が書いてあって、考えることもしばしばです。
今日見た問題は「ありがたい」を丁寧に表現し「ございます」をつけて「ありがとうございます」。
この例にならって次の言葉も丁寧に表現しなさい。
「めでたい」
「おおきい」
ぐらいまではよかったのですが
「せこい」
「やばい」
えっ、「せこうございます」それと、「やぼうございます?」ちがうよなあ。
でもよくみると2問目では前の問題で言葉として不適切なものを選びなさいとありました。
ほっ。
こんな問題が中学入試に出てくるそうです。

フリーの壁紙用第2弾はこんな画像です。
もちろん本文とはまったく関わりありません




  1. 2010/04/23(金) 00:07:07|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーダウンロード始めました

何日か前の予告通りに、フォトライブラリーでフリーのダウンロードを始めました。
今1件審査通過しましたので、そのうち一覧表示されるでしょう。
手始めに「千鳥ヶ淵の桜2」です。解像度は1280×800。
ダウンロードするにはフォトライブラリーに会員登録する必要があります。もちろん無料。

昨日ススキノのニッカの王様(よく見ると麦を握りしめた平民?)の話題を出したので、成り行きでそこの写真を撮ってきました。
ここ数日曇天雨天なので、おニューの魚眼レンズが振り回せずちょっと欲求不満です。
ほとんどの市民にとって、この場所の印象はキリンではなくニッカの王様です

やっちまいました。記事が意味不明のうちに早まってアップしちまいました。キャーこっぱずかすぃー。
意味不明なのはいつものことか。
  1. 2010/04/22(木) 00:07:07|
  2. フォトライブラリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッカ

積丹半島の付け根右に余市という町があります。
ソーラン節発祥伝説があったり、宇宙飛行士発生伝説がある小さな町です。
ここにはたぶん日本で2番目に売れている国産ウイスキーメーカーがあります。
ススキノ入り口にでっかい王様(?)のマークが鎮座していることもあって、北海道では親しまれているのです。
ここの創業者は、スコットランドからウイスキー造りといっしょに、奥さんまでお持ち帰りしてしまったようです。
場内には、何箇所もそのときの苦労話が美談になってばら撒かれています。
いい話はさりげなさがないと、ただの自慢話です。
当のウイスキーは、おいしいそうですが、私は味がわかる程度にシラフな状態でウイスキーを飲んだことがないのでよくわからないです、ハイ。
ウイスキー博物館です。蒸留器です。
  1. 2010/04/21(水) 00:07:07|
  2. 積丹半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岬の突端

また魚眼です。海です。
前にも書いたように、魚眼レンズの視覚と肉眼の視覚を切り替えるときにたいそう危険なのです。
シャッターを切り終えた後で、自分の姿勢制御が正常であると確認できるまでタイムラグがあります。
身をほんの少し乗り出しての撮影は結構なサスペンスなのです。
こればかり使っているとそのうち目が回って死んでしまうかもしれません。
命綱いるかも。

この手のレンズは特殊な表現が持ち味な分、飽きるのが早いと言われています。
同様なのが画角100度を越える超広角。
超望遠なら用途が限定されても、特定の被写体を追う用途で使われることがほとんどなので、あまり飽きるという話は聞きません。
角度が広いレンズは使い方のパターンが決まってくるようです。
まあ、私はメモリーの性能に問題があって、使い方のバリエーションが少なくてもすぐに忘れてしまうために、あまり問題ありませんが。

写真が一枚売れていました。この場を借りてお礼申し上げます。
柵の内側でしたが、けっこう危険でした

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/20(火) 00:07:07|
  2. 積丹半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積丹半島の西

なぜか積丹半島と私の相性は悪く、こちら側に来て晴れていた覚えがありません。
この日も天気予報はずれで、ほとんどドライブっていいですねえ結果です。
信号のない道が延々と続き、海には奇岩が目立ちます。
このあたりは陸の孤島として、長い間通行が不便な場所でした。
隣の町(村)まで行くのに半島一周しないと行けない地域があったと言えばわかりやすいでしょうか。
半島がほとんど山で構成されていて、岸辺との境に民家が点在しているような所です。
山にはヒグマ出そうです。きっと今はまだ冬眠中じゃあないでしょうか。

海の色は緑がかっていて、ちょっとぐらい曇りな日でもキレイです
カムイ岬なんて、漫画にでも出てきそうな地名ですよねえ。
海の色はほんとにこんな感じです



テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/19(月) 00:07:07|
  2. 積丹半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚眼レンズ

以前、魚眼レンズが欲しいなどと書いてましたが、
とうとう入手してしまいました。
さすがに、今まで使っていたタイプでは周辺部の描写に難があり、
懐具合も若干の余裕があったのでついついやっちまいました。
使用頻度は私なら、それほど低いわけではないのでけっして無駄使いではないのです・・・ははは

それで描写はごらんの通り。地球が丸く写ってますねえ。
高所でこのレンズを使い終えてから肉眼に戻ったときに、軽くめまいを感じます。
神威岬、さきっちょの点は灯台です

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/18(日) 00:07:07|
  2. 積丹半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内地の桜最終回

今日は京都、嵐山の山桜です。
このときは京都大混雑で、一見さんには夜泊まるところもなかったです。
しょうがないので深夜大阪まで行って、東横で休みました。このときはフロントのお姉さんの顔が天使に見えました。
まだまだ、手持ちの写真はありますが、明日からは北海道でいきましよう。桜はまだだけど。

最近、というかここ数ヶ月フォトライブラリーには写真をUPしていません。
手持ちの写真はありますが、季節感を無視して上げることに抵抗があったのと、第一季節の写真をぜんぜん撮る気になりませんでした。
今まではエリアを札幌(と函館を少し)にして上げていたのを、北海道全域まで拡大していきます。
それと、壁紙素材をフリーでUPしていこうと思います。

今、数ヶ月ぶりにフォトライブラリーを覗いてみたら何枚か売れていました。
気が付くのが遅れて申し訳ない気持ちです。
ちょっと彩度が上がり過ぎ、やっぱり手元のファイルはそれほどでもないです


テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/17(土) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

春日大社の桜

今日は奈良の桜です。
といっても、例によって去年の写真です。
最近、鹿で嫌な事件も起きました。
ここの鹿を殺したら、文化財保護法違反というのはすごい。
エゾシカならせいぜい密猟ってところでしょう。
しかも、道東鹿増えすぎて困ってるし。
春先は道路際から雪解けが進むので、鹿さんたちが草を求めて寄ってくるので危なくてしょうがないのです。
車は急に止まれませんが、鹿も又同じです。
けっこう当たっているようです。
時速50kmぐらいで当たっても、余裕で受身を取れるつわもの多いです。
後に残るのはへこんだ車だけなんて話はよく聞きます。
ちょっと時期が早かったです







テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/16(金) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日は鎌倉の桜

夜間はものすごい風だなあと思っていたら、朝は吹雪でした。
吹雪です。雪女が出てきても逮捕されることはあるまいと思えるくらいの降雪です。
会社の営業さんから聞いた話では、通行禁止になった高速道の区間もあったとか。
まちがいなく4月14日のことです。
をひをひ、ここは日本なのか。
あと2週間ぐらいでほんとうに桜咲くのか?

北海道内の事情は置いといて、今日は鎌倉の桜です。
段葛です。源頼朝が奥さんのために作ってあげた道ということです。
かかあ天下ぶりがよくわかりますね。
鎌倉駅のちょっとのところから鶴岡八幡宮まで延々と桜のトンネル。
いいなあ日本は。
ちょっとした失敗のため、変わりました







テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/15(木) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

千鳥ヶ淵の桜3

はっはっは。
今日で三回目です。
札幌のうらぶれた今時の様子よりは、よっぽど上げ甲斐があります。

あと3回くらいは内地の桜にお付き合いください。
左上の桜は余計ですね

テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/14(水) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

千鳥ヶ淵の桜2

おとといに引き続き札幌ではお目にかかれない桜の写真です。
今度は去年のもの。
このときは朝早く撮ってます。行列にはなっていなかったものの込んでました。
ちょうど札幌に帰る日で、最後の見納めに行きました。

写真をアップして、色の違和感が出ています。
手元のファイルの写真よりも彩度が上がって見えます。
水面の青が顕著で、ほんのりぎみで調整しているはずなのに、アップした写真で見るとわざとらしいブルーです。
日本の花だなあ



テーマ:桜のある写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/13(火) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

休日の大通

休日に市内を歩き回ると、人の少なさに驚きます。
平日にあれほど歩き回っている人たちはみんな引きこもっているのでしょうか。
晴れなのに。
おととい、珍しくススキノに飲みに出たけど、なんか以前ほど人がいないようにも見えたし。
なんか勢いがないんだなあ。
雪が全部溶けたら、人がうじゃうじゃ湧いてくるのかなあ。
かなり雪が溶けました

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/12(月) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テンプレート変えました

今日からテンプレートを変えてみました。
急な思いつきです。
写真関係のブログを標榜して、写真がちょっと小さめなのはいかがなものかと思いつめて夜も眠れない毎日を送ってました・・・嘘です。毎日寝つきよいです。
それでちょっとだけ大きなサイズで貼れるようにしてみました。
ほんとは、もっと説教臭い文章が今日の予定だったのですが、書いててプチ鬱になって止しました。

写真は近所の公園・・・嘘です。札幌はまだまだ先です。
ほんとは千鳥ヶ淵の一昨年の今ごろのものです。
ほかの方のブログをいろいろと覗いているうちについ私も桜の写真を上げたくなりました。
デジタルには珍しくソフトフォーカスです。

淵の外側は3時間待ちぐらいの行列ぶりでしたが、北の丸公園側はそれほどでもなかったです。
私は東京の桜を見て、なぜ日本人が桜にこだわるのか分かったような気がします。
北海道ではソメイヨシノがないのもあって、桜への印象がかなり違っていたのです。
そのうち札幌の桜をアップします。
DSC_1336.jpg

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/11(日) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ジンギスカン

北海道で焼肉といえば、ジンギスカンです。
といっても、北海道でもジンギスカン屋よりは普通の焼肉屋の方が多いです。
店は観光客や飲み会用であり、基本ジンギスカンは家庭で食べるものという認識です。
あ、ビール園はほとんどジンギスカン屋といってよいですね。

ジンギスカン鍋(焼肉になぜ鍋という?)は真ん中が出っ張った独特の形をしています。
一説にはモンゴル人が兜を使って焼肉を始めたのが発祥といわれていますが、誰かがテキトーなことを触れ回ったものと思われます。
モンゴル人にジンギスカンの話とインド人にカレーの話はタブーなのです。
この鍋は大阪のたこ焼き器と同様に、北海道の家庭なら一家にひとつは必ずあるものでした。
最近では、手軽なホットプレートに駆逐されて、使ってる家庭の方が少ないのは遺憾であります。

私は東京にいたとき、札幌にいるときより多くジンギスカンっぽいものを食べていました。
近所のスーパーには、なぜかマニアックなラム肉のスライスが売られていたのです!
これは円筒状に固めた肉を冷凍してスライスしたもので、北海道の家庭ではジンギスカン用の肉としておなじみですが、もちろん味などついていません。
一般人には、タレに漬け込んだ羊肉でないと臭みが強いのです。(北海道の人間には何が臭みなのかわかりません)
そのマニア肉は不人気で、仕事帰りの夜に立ち寄るころにはほとんど半額になって売れ残っていたのです。
ウール用の羊さん
  1. 2010/04/10(土) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は白い花

今日の写真は、昨日の位置のすぐ側で写した写真です。
しかも今日のは魚眼っぽいレンズ撮っています。
なぜ、「ぽい」が付くのかと言うと、APS-Cで魚眼となるレンズをマイクロフォーサースで使っているからです。
センサーの大きさが小さいので、対角線画角が180までいきません。

昨日のは超広角で撮ったもの、今日のは魚眼っぽいので撮ったもの。
画角が違うので比較にならないと言われそうですが、それでも比べてみて魚眼の方が自然な写りに見えませんか?
右上のビルなんか昨日のは上広がりのあり得ない形なのに今日のは湾曲しているもののまだ許せる形です。
赤白シマの鉄塔も今日のほうがタテヨコ比が実物です。
花も昨日のは無理やり広げられた感がありますが、白い花はちんまり感が出てます。
こういう使い方なら今の機材でも十分なのですが

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/09(金) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

春をつげるもの

道産子的にはすっかり春らしくなった今日このごろです。
夜とかに雪が降ったりしますが、出勤するころには溶けてます。

札幌に春を告げるものは、あれっ何だろう。
梅も桜もまだ先だし。
特に春用の食べ物があるわけではないし。
ストーブはまだ止めれない家が多いだろうし。
ビールは年中飲んだくれてる人多いし。

そうだ、雨がよく降るようになった!
固体じゃなくて、液体が降るようになったんだ。

なんだ、日本基準じゃあ、まだ春かどうか怪しいじゃん。
花も咲くようになった!

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/08(木) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

8丁目と9丁目の間には

写真のオブジェはイサム・ノグチ氏の作品です。
なんのことはない、へんてこな滑り台以外のなにものでもありません。
ただ場所がある意味すごい。
大通りの公園の西8丁目と9丁目の間にあります。
そうです、もともと道路だったところをゲージツのために接収して滑り台を置いたのです。

道路をつぶして公園にし、そのどまんなかに子供の遊具形式のオブジェを配置する。
このことすべてが芸術なのでしょうか?
普通の公園の滑り台って冬はどうなってましたっけ。
これはごらんのとおり近づくことすらできない・・・これもゲージツのうち?

イサム・ノグチとかいってるけど、もともとの和名は野口勇なんじゃあないの。
カタカナにするくらいなら、日本では漢字表記にしたほうがいいと思うのです。
それとも外人っぽくてかっこよいのかなあ。実際日系米人なのはわかるけど。

この話題二度目だったらごめんなさい。五七五ですね。
冬はただのモノです



テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

  1. 2010/04/07(水) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一等地なのに

札幌駅の南側すぐ側に小洒落た建物があります。
五番館という百貨店の遺跡です。
ここはわりと最近までは営業していたのですが、滅亡してしまいました。
売り上げが伸びなかったのでしょう。
身受け先の西武がライオンズを維持するほうが得策と判断したのでしょう。
位置が位置だけに、札幌の活気がダダ下がりです。

ここは札幌でも歴史のある店でした。もの心のつかない子供のころから親といっしょに来ていたと思います。
また、高級店という感じがなかったし、高級な物を売っているようにも見えなかったです。
そこが逆に庶民的で、同じ市内の三越が、妙にお高くとまっているのとは対象なイメージでした。
そういう意味では丸井デパート(札幌の!)に近いものがあります。
ただし、その丸井もヤバイ状況ですけど・・・

私はこの建物がどうなるか知りません。
ホテルにしてしまうという説もあります。
写真を見ても分かるように窓がほとんどない建物ですし、改装するのはちょっとたいへんだと思います。
こんな物件があるのだから、余計な金をばら撒いて公共施設作らないで、西武から(かな?)安く買い叩いて活用すればいいものを!
とか勝手なことを考えても無理なのはよくわかっています。
いっそのこと美術館みたいなものにならんかなあ

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/04/06(火) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢とトイレ

また引き続き、夢がらみの話です。
小さいころにおねしょをしてしまった方はそこそこいると思います。
当時の記憶では、夢の中でトイレに行くのを我慢して、やっとトイレに入れる状況になって用を足すと現実世界でも用を足してしまっていた。
こんなパターンは多くなかったでしょうか。
子供のころは、夢のなかでやっちまったら負けなのです。
昨日は久しぶりに、しっかりと用を足してしまう夢を見ましたが、それで起きたときに惨事が起きているわけではありませんでした。
ただ膀胱がFULLになっているだけです。
今の私が実際にやっちまったらいろいろと問題です。
しかし、夢の中で我慢を通したわけではないのに実害がなくなっている。小さい頃となにが変わったのでしょうねえ。

子供の夜尿症を治すのはわりと簡単に済む場合が多いです。
起きているときに、トイレに行くのを我慢させる習慣をつけさせるといいです。
ただし強制しすぎてしまうと、ちがう形で体調を崩す危険もあるでしょうから、本人に判断させて適度な我慢にさせること。
それと、子供に自主的に治す意志を持たせることが大切ですね。

テーマ:夢日記 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/04/05(月) 00:07:07|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな夢

夢を見ました。
何かの試験を受けていて「金へんに哀」が一文字になった漢字の読みを答えようとしていました。
もちろんそんな字は存在しませんよね。
なんちゅうわけわからん夢をみてんだろう。

あれっ、夢の中でここまで文字の形が認識できるものでしたっけ?
私が聞いた話では
1.夢は右脳でみるもの。
2.文字の認識は左脳でする。
つうことは
1.私は左脳で夢をみることができる?
2.私は右脳で文字を認識してる?
どっちなんでしょう。

まてよ、人の脳には足りない部分を代行する機能が起きることも報告されているではないか。
ということは、私が頭悪いのは、どちらかの脳が停止していて片方だけで動いているからか?
イヤな省エネ機能だな。
今度機会があったら頭のCTスキャンでもやってみたいですね。
おまえの左脳はもう死んでいるとかいわれたりして。

ここまで書いてナンですが、右脳左脳説にはまだ確かな科学的根拠はないそうです。

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/04(日) 00:07:07|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春っぽい

街中を歩いていたら道端に黄色い花を見つけました。
やっと札幌で春のアイテムが見れたような気がします。
何日か前に、同じく札幌の方のブログに「福寿草咲きました」みたいな内容を読みました。
そのときは「ケッ、どこの札幌でぃ」と勝手に江戸っ子みたいなやさぐれ方をしてたのです。
花があってどうもすいませんと、心の中でこれまた勝手に意味不明な侘びをいれました。

たしかにここ数日は暖かくなったのが実感できます。
朝、布団から出る時に一大決心をする必要がなくなりました。
少なくとも、昼飯を食いに出歩くときにはコートなんて着る必要なくなりました。
まだ朝晩は寒いけど、来週ぐらいからスーツ姿で出勤する人が現れそうです。
すこしだけ朝のラッシュが緩和されることと思います。
実際、冬の札幌の地下鉄は着膨れた人がたくさん乗っているので、見た目ほど乗客率が高くないのです。

今日は予報では晴れ。どこへ行こう♪
  1. 2010/04/03(土) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう4月

早いもので一年の4分の1が過ぎてしまいました。
年をとる度に時間の経過が早くなっていくようです。
なんかよくわからん科学の解説によると、重力の大きいところにいるほど時間がゆっくり経過するらしい。だから相対的に早く感じるということで特殊メタボ理論かもしれん。
いや、美人といっしょにいるほうが、そうではない人といっしょにいるよりも時間が経つのが早く感じるというではないか!当人が美しくなったらどうなんだろう。
とか見当ちがいですね。

時間の経過感を左右するのは、心拍の早さといわれています。
象でもネズミでも一生分の心拍数はほとんど同じで、心拍が早い動物は短命だけど時間の経過感が遅いそうです。
子供のうちは時間がたつのが遅く感じましたよね。そのときは今より心臓が早く動いていたはず。
してみると、一生分の時間が経過する感覚はどんな動物でもほとんど同じくらいの長さに感じているのでしょうか。
飼っているセキセイインコの動作がせわしなく感じるのとは逆に、鳥は人間がうすのろに見えているかもしれません。
人間に近い寿命を持つオウムなら、人間の動きが自然に見えるのでしょうか。




  1. 2010/04/02(金) 00:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パワーポイントと、エクセルの弱りどこ

パワーポイントというアプリケーションをご存知でしょうか。
プレゼン用の資料を作成する道具です。
今回に限れば契約交渉用の資料の作成です。
仕事でよく使いますが、そのたびに思うのは「なぜエクセルやワードでだめなのだろう」という素朴な疑問です。
プロジェクターを使った会議の発表ならば使いやすいのは分かりますが、紙に印刷しての資料作成にパワーポイントの優位がどこにあるのか。
ただマイクロソフトに乗せられて、グローバルとして押し付けられているやり方に逆らえないだけではないのか。
なーんか、そんな感じがするのです。

別にパワーポイントが使いにくいというわけではないのです。
でもこんなことエクセル、ワードでも同じ結果を出せます。
それらにスライド機能をつければ、ほとんど同じだろう。むしろ、ワードは使いすくなるんじゃないか。
ワードは日本人の要望をあれこれと誤解して取り入れたあげく、恐ろしく難解なワープロソフトに変異してしまっています。
みなさんも、業務用の書類を作るならエクセルで作ったほうがまだマシなことが多いでしょう。
だけどお堅い企業風土があるところではワードを強要します。
理由は画面で見た目のとおりに印刷できるから。
エクセルでは、プレビューを使って尚、印刷結果と違うことが多いのです。
枠に収まっているように見えるのに、印刷したらはみ出してるなんてことありませんか?
エクセルのこの問題は、開発したときはアップルの特定フォント(OSAKAです)に合わせたのが原因といわれています。他のフォントを使うとプレビューの結果が保障されないというかなりシュールな笑い話なんです。
このことをマイクロソフトに苦情として持ちかけると「仕様です」と返答されます。
「時期バージョンへの要望として承ります」ぐらいは言ってほしい。
多くのユーザーがこの問題でヤな思いをしているのはよくわかっているはず。
これがグローバルってやつなんでしょうかねえ。
こんな問題もなんとかできない会社のトップが原発に手を出そうとしています。
社会貢献を見せびらかしたいなら、金を出すだけにしてほしいものです。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2010/04/01(木) 00:07:07|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。