フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まだ咲いてる

庭のかたすみでスズラン(本物)の花をみつけたので、たくさん生えていそうな近場に行ってみました。
「滝野すずらん公園」たくさん生えていそうな名前じゃあありませんか。
これで1本も生えてなかったら名称詐称です。

それで行ってみると、
たくさんあったのですが、
まだ早かったです。
あと2週間ぐらいかな。
それで、たくさん生えていたチューリップ撮ってきました。

ちなみにこの場所は秋にはコスモス畑

こちらはスイセン。
ギリシャ神話ではナルシスの死に場所に咲いた花だそうだ
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/31(月) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌は初夏?

最近、街を見ているとライラックが色づいてきました。
いつのまにか初夏ですね。昨夜は道内の峠で樹氷になったところもありますけど・・・
ライラックは札幌の花です。

たしかライラックまつりっていうのもあったはず。
市民の私がいうのもナンですが、どんなまつりなのかぜんぜんわかりません。
ライラック神社とかライラック神輿、そっち系のまつりではないことは
いくら私でもわかりますが、どんな行事があるのかさっぱりです。
知っている札幌市民ってどのくらいいるんでしょう。

大通公園では、まだ咲き初めですね

札幌の初夏は春の要素が強いです。
このあと、愛する2匹は飼い主達に引き離されました
  1. 2010/05/30(日) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の中吊り広告

朝の通勤時のことです。
いつものように中吊り広告を見ていると、
なにやらセンセーの講演会の広告がありました。
アメリカの有名な大学に留学し、多数の学部を渡った方のようでした。
ふーんと心の中で思いながら、ご立派な経歴を上から見ていって、
最下行の著書で「××とUFO」なるものを読んだときは
噴き出しそうになるのをこらえて、鼻息が強になりました。
あっちの世界に片足をつっこんでた人だったんですね。

土日で北海道の桜の撮り収め。

  1. 2010/05/29(土) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日のは・・・

わはは、やっちゃった。
昨日の記事をなにげに読み返して
あれっアルデカルト、アルデカルト、あるデカルト?・・・
我思う、ゆえに我ありですか。
アルカデルトの誤りです。
早く見つけて直したけど。
2箇所ともやっていたのが確信犯の匂いプンプンですね。
わはは、ちょっとくらいの誤記ならほったらかしとくのですが、
さすがに名前はねえ。

札幌はぐずぐずした天候が続いています。
軽い雨の日が多くて、プチ梅雨?
屋台はいなくなったけど天気がねっ

池には葉っぱと花びら。
池には花びら
  1. 2010/05/28(金) 00:07:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一発屋のようなもの

アヴェマリアといえば、シューベルトやバッハのが有名ですが、
実際にはかなりの数の作曲があります。
アルカデルトのアヴェマリアと言われているのもそのひとつで、
実際には違う曲として作曲されたものを後世の人が著作権を無視して
アヴェマリアにしちゃったものです。(バッハも同様)

原曲の方は知りませんが、アヴェマリアはこの作曲家が名前を残せた理由になるほどの
名曲だと思っています。
サンサーンスのオルガン交響曲の4章のモチーフにもなっていて、荘厳さでは相当なものです。
(今日の記事の動機はこのへんがきっかけです)

クラッシック音楽家には、このように「今となっては一発屋」な人が多く、
むしろ一発残っているだけでも立派なのでしょう。
極端な例外はモーツァルトで、他の作曲家と比べれば比べるほど
「天才と努力した凡人」との差を思い知ります。
もちろん、他の作曲家でも優れたものを創った人はたくさんいますが
あれほど広いレパートリーで、あれほどたくさんの名曲を出した作曲家はいません。
モーツァルトについては山ほどネタもありますので、おいおい語っていくこともあるでしょう。

アルカデルトのアヴェマリアに話を戻すと、
この曲を調べると、なぜかドリフのコントに突き当たることが多いです。
今度、実物を見たいと思っています。
リコーダー吹かされてたときは音楽なんて嫌いだったけど・・・



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/27(木) 00:07:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は体調がよくなりました

不思議はもので、火曜日になるとカゼがすっかり直っていました。
節々の痛みはとれ、ふらふらもプルプルもないし。
仕事をやっててもダメダメな感じはなく、まあ一安心。

今回の対処は漢方のカゼ薬を飲んで、よく寝ただけ。
あまり薬は飲まない方なので、普通の人よりは利きやすいのでしょうが、
それにしてもねえ。よく寝るのはいつものことだし。
ともかく直ってよかった。
まだ、お腹の調子はいまひとつで、危うい場面もありましたけど。

今日は木木の写真
森と林の違いってなんでしたっけ

こちらはポプラ並木
無駄に広い公園です



  1. 2010/05/26(水) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜日の酬い

どうやら、カゼをひいてしまったようです。
昨晩、寝ようとしたらお腹がピー。(すいません)
用をたして、今度こそ寝ようとしたら30分ぐらいでまたピー(重ね重ねすいません)
こんな感じで朝方まで続いて、あまり寝ていません。
さらに朝になると節々が痛い。やっちまったようです。
日曜日に半袖姿で一日中歩いたのが原因でしょう。

今日一日、会社には行きましたがスローモーでした。

運河を見てなにを考えているんでしょう。っていうかこのへんで餌あるんでしょうか。
淡水系のところにしかいないわけではないようです

定番の構図です。
これだよ小樽運河っぽい絵は。フォトライブラリーにアップしよう
  1. 2010/05/25(火) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらふらと

日曜日は晴れましたが風が強かったです。
風が強いと花の撮影はたいへん難儀します。
というわけで、ふらふらと出歩きました。

ふらふらと小樽へ。
車でびゅーっと行くといまひとつ小樽まで来た感覚が薄れます。
JRでいかなきゃ。なんでだろう。
かもめ、いいえウミネコです

こういう写真はフォトライブラリーにアップするのはちょっとねえ。
人様の作品を利用させてもらってますからねえ。
自分で見て楽しむか、このくらいの使い方に留めるべきだと考えます。
すごくいい天気。晴れ最高
  1. 2010/05/24(月) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐車場の片隅で

せまい場所に花が咲いていました。
花に疎い私ですので、花名は聞かないでください。

なんかでっかいスズラン。記憶の中のスズランの5倍くらいの花の大きさです。
それに堂々と花をつけています。
これも記憶の中のスズランは葉っぱの間からちょこっと花が顔を出すような感じだったはず。
原産国では群生しているんでしょうね

まだいろいろ咲いてたので徐々に載せていきます。
ああ、名前がのどの手前ぐらいまで出掛かっているんだけど





テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/23(日) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はお葬式がありました

親戚が急死しました。突然のぽっくりです。

死因がなんかはっきりしないのです。
報告書(検死所見?)には循環器のせいと思われるのようなことが
書いてあったらしいのですが、そんなあやふやでいいのか。
ここ7年ぐらい顔も見てなかったせいか、心理的な衝撃はありません。
まだ30ちょっと過ぎぐらいなのが気の毒です。

北海道の葬式はちょっとちがうという話をよく聞きます。
私はナイチの葬式に出たことがないのでその辺はわかりません。
ただ、北海道の場合は自宅で葬式をすることはまずありえなく、
いわゆるセレモニーホールとか、それが近所になければ町内会の会館とかでやります。
通夜で出席者は坊さんの読経を最初から最後まで聞いているのがあたりまえです。
テレビドラマなんか見てると、入れ替わり立ち代りで焼香してすぐ帰るように見えますが、
あれはアチラでは普通なのでしょうか。
そして通夜での記帳は本人ではなく、会計の手伝いに回ったものがやります。
私も何度かやったことがありますがデカイ葬儀だとけっこう大変でした。
そういえば、香典に領収書ってつくのは珍しいのでしょうかねえ。
香典返しはなくて、粗品級の小品(最近は海苔ばっかり)で済ませるのも独特なのでしょうか。

また、葬式のために活動する組織は町内会であることが普通です。
町内会の人間が雑用なんかを引き受け、町内会長はほぼ葬儀委員長決定となります。
葬儀の進行はほとんど町内会の方がやってくれるので、喪主は基本的な希望を言うだけで
ほぼ自動的に繰上法要まで進んでいきます。

そして葬式で親戚の集合写真を撮るのが普通です。これって自分的にはなんか変な風習のような気がします。








  1. 2010/05/22(土) 17:07:46|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりとめもないこと

今年は、マーラー生誕150周年、ショパン生誕200周年、シューマン生誕200周年だそうです。
よくもまあ、こんなに重なって。ショパンとシューマンが同級生なのは正直意外でした。

とりあえず、今日はマーラーについて。
私の印象としては、交響曲は重苦しく長大なのが多いです。
演奏に何か特徴がないと、私は途中で寝てしまいそうです。

曲が重いのはある意味あたりまえです。
なにせほとんどテーマは「死」なのですから。
私としては、まだ魅力のあるテーマではないせいか、好んで聞くのは5番ぐらいでしょうか。
楽しげな曲も多いし、この世のものとは思えない美しいアダージェットも入ってるし。
でも第一楽章でいきなり葬送行進曲なんだよね。

死ぬ直前の言葉は「モーツァルト!」だったそうです。
死の間際にはモーツァルトの最後と自分を重ねていたらしいけど、
マーラーの場合、曲のスタイルに影響与えてるのはおそらくワーグナーなんですよね。
でも音楽家とはいえ、家族に看取られて死ぬとき「モーツァルト!」はないと思う。

朝に5番が耳に入ったので、今日はなんとなく書いてみました。
写真と本文はなんの関係もありませんが、写真がとれなくて苦し紛れの文をかかざるを得なかった点では関わりがあります


  1. 2010/05/21(金) 00:07:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

残念な結果になってしまいました

わはは。たいへん残念な結果になってしまいました。
楽しみにしていた道庁前庭の桜ですが、
今日はかなり咲いてるだろうと
ルンルン気分でスキップしながら、行ってみると・・・
こういう写真は個人特定できないように気をつかいます

なんなんだよ。小学校の運動会のテントみたいな貧素な屋台は
毎年ここで変な屋台が出てたのは知ってたけど、満開のときにぶつかるなんてなあ。
こういう屋台って、やっぱりたいていは景観キラーだよなあ。
今年は開花が遅れたからなあ・・・
せっかくの桜(八重桜でした)が死んでるなあ。
担当者でてこーい。

広く撮ってみました。木の手前のゴミ(失礼な)が無ければ!
まあ来年もあるさ


  1. 2010/05/20(木) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPad欲しいかも

アップルがiPadなる商品を売り出そうとしていることはもう知ってますね。
なんか名前はIPodと紛らわしくて、初聞で勘違いして恥かしいことをしてしまいました。

この商品のカテゴリーは何になるのでしょうか。
とりあえずPDAとして区分されているようだけど、内容はもっと濃いですね。
任天堂あたりは、携帯ゲーム機のライバルになるかもとビクついているようだけど、
たぶんそのセンは薄いのではないかと思います。
ネットブックに代表される小型パソコンを食われるでしょうけど・・・
すぐに他のメーカーも似たようなもの作り出すでしょうねえ。

なんでパソコンでやってんだろうと思えることの多くはiPadで快適にできそうです。
うまくいけば今までPCに抵抗があった層にもPCの代わりとして浸透できるかも。
目のつけどころはさすがスティーブ・ジョブスってところかな。

とりあえずは入手したいのですが、予約したり、行列したりするほど狂っていないので、
供給と評価が落ち着くまで様子を見ようと思っています。
この種の商品なら、発作的に買うことはほとんどないのです。
本文とは何の関係もありません。今日は魚眼で。影が入ります
  1. 2010/05/19(水) 00:07:07|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道庁の庭で

この前にも書きましたが道庁赤レンガ前の庭(?)の早咲き桜はほぼ終わりました。
そしてこれからここが一番いい季節を迎えます。
遅咲きの色の濃い桜(私は花の名前に疎いので種類はトホホです)が一斉に咲くのです。
今日見たらあとすこしといったところ。
早出して撮りに行く価値があります。

ここいら辺もそうですが、道内のいたるところで中国人ツアー客を見かけます。
どこが違うのかは漠然としているのですが、ナゼカ一目で日本人とちがうのが分かります。
なぜなんだろう。着ているものでしょうか。
顔つきがちょっと違う集団を無意識に判別してるんでしょうか。
チューリップ。風に吹かれてみなお辞儀

モクレンですよね。
こうしてシャッターを切っていると後ろにカメラを持った人の行列できてました

待っているのは、この桜なんですよ。
花の種類調べておきます






テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/18(火) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮るマナー

ここのところ少しの間、桜の写真を撮る機会が続きました。
写真は夜明けの光で撮るのが美しいというポリシーがあるので、
早朝の行動を心がけています。
しかし、お天道様がそれを許してくれないことも多いのです。

早朝であれば、人はあまりいません。また光量も多くないことがままあるために三脚の使用が多くなります。
人が多くないとはいえ、やはりいるわけですから、ほかのひとには邪魔以外の何物でもない三脚をデーンとおきっぱなしにしている撮り方は控えるようにしています。
さっとセットして、ぱっと撮る、撮ったらすぐに移動を心がけています。
昼間は基本的に三脚は使わないようにしています。しょせんは趣味の世界なのです。ほかの人に迷惑がかかるリスクは可能なかぎりさけたいのです。
それでも、たとえばHDR(多重コマ合成)の元を作りたいとか、特殊なことをやりたいとかでは仕方なく使うことになるのです。

この前、某所でみかけた奴ら。
昼日中に三脚にカメラを載せて対象のどまん前におきっぱなしのまま、サブ機でしばらく撮りまわってました。
おまけにそいつら、バッグまでど真ん中に放置してのご乱行です。
ほかの人がいることをどう考えているんだろう。

今日はすこし愚痴ってしまいました。
全部手持ちです

札幌の手稲前田森林公園。結構穴場かも。
そろそろ桜も終わりかな


  1. 2010/05/17(月) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日の誤算

金曜日夜の天気予報では日高地方はブッチギリの晴れ予想。
15日は二十間道路の桜が満開予想。
これは行かなければなるまい。

というわけで、15日のAM1:00に札幌を出ました。
現地着が4時ぐらい。まだあたりは薄暗く霧も出てます。
日本の天気予報の技術はものすごく優秀なんだ。この霧のすぐ上は晴れにちがいないだろう。
4時30分。あたりは明るくなりました。深い霧。
日本の天気予報の技術は優秀なんだ。待とう。
5時。霧、そして曇り空。
日本の天気予報の技術はよく当たるんだ。たぶん神風でも吹いて雲をとばしてくれるんだろう。
6時。霧、そして小雨。
お天気概況に聞き入ります。
「北海道はおおむね快晴で降水確率0%ですが、
 日高地方だけは雲に覆われ降水確率10%です
 日高地方だけは・・・
 日高地方だけは・・・」
更に
「午後からもおおむね快晴で降水確率0%です。
 しかし日高地方だけは降水確率10%です
 しかし日高地方だけは・・・
 しかし日高地方だけは・・・」
はい。撤収。
いちおう何枚か撮ったさ

途中ウトナイ湖で小用。日高を出ると、この天気。
幼い白鳥は残留することがある?

静内から戻ってすぐに円山公園に出かけました。
見事にお花見日和。この時点で同じ札幌の平岡の梅園は咲き初め。
札幌では梅より早く桜が終わる!?
ジンギスカンのけむりがあちこちで・・・



  1. 2010/05/16(日) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

函館の元町地区

どこでも元町という地名は小洒落た所が多い気がします。
思い込みでしょうか。
函館の元町もそんなところで、教会や古い建物がよさげに立ち並んでいて、
何度行っても飽きません。

風見鶏(?)が載ったかわいらしい塔のカトリック教会。
この裏は幼稚園になっています。
_DSC2691.jpg

無断で、教会の写真を商用利用したとこに対して断固とした対応をしたことがある、ロシア正教会。
ここの神父さんと話をしたことがありますが、おおらかな方でした。
鳴らす鐘の音が特徴的でガンガン寺とも呼ばれています。
_DSC2770.jpg

元町公園にある十二宮をデザインしたなんとか?
バックの建物は旧函館公会堂で、今は博物館だったかな。
_DSC2752S.jpg

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2010/05/15(土) 00:07:07|
  2. 渡島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀太の季節

札幌の町も緑が少しづつ増えてきました。
大通公園では桜が満開になってますし、道庁なんかではほとんど葉桜になっているのもあります。
これからが札幌のいい季節かな。
SDIM0305S.jpg

街のど真ん中に馬がいます。
札幌で観光馬車を引く銀太です。
この事業を始めた社長は少し前にお亡くなりになりました。
面白い方で、廃線の線路跡を再利用してレール馬車を引かせたいなどと夢を語ってくれました。
もっとも、そのときは酔っていたから本気かどうかはよくわかりませんが。
酔っていても馬への愛情がにじみ出ていたことは確かです。

晴れの日は馬に引かれて札幌観光はいかがでしょう。
SDIM0307.jpg

写真が2枚売れていました。この場を借りてお礼申し上げます。

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/14(金) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

函館

松前まで行ったのですから、もちろん寄ってきました。
どちらかというと函館のほうが天気がよく、
五稜郭の桜もほぼ満開でよかったです。

五稜郭にもタワーがあり、登りたかったのですが、
朝7時にそんな施設が稼動しているわけもなく。
天候も崩れてきたので、今回もパスでした。
ほとんど満開。やった

五稜郭は明治政府に対抗した旧幕府軍の要塞です。
おもしろいことに、ここで政府に敵対した賊軍(いやな言い方ですね)の生き残りの多くは明治政府の元に
閣僚やら公務員やらに再就職しています。
まるでリアル将棋な世界ですね。

写真の松は五稜郭の真ん中あたりに生えています。
この木は榎本武揚や土方歳三を見てきたのでしょうか。
魚眼でとればどこの松でも同じでしょうけど・・・

古い建物が多く残る元町地区。戦火がひどければ、このあたりの景色も違っていたはず。
この位置は観光ガイドお勧めのシャッターポイント
  1. 2010/05/13(木) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松前

また松前の話に戻ります。
江戸時代には(北海道としては)栄華を極めたのかもしれませんが、
今では、田舎の小さな町です。
このあたりを歩いていると、会話に訛があって微笑ましくなります。
青森のお隣という土地柄なのか、津軽弁に似た言葉が聴けるのです。

北海道では最も早く花見ができるし、
松前城があったけど火事で消失したのは惜しいですね。
その城跡はちょこちょこと復元してます。

いつもはゴールデンウイークに来てましたが、今回はちょっと遅めに来てみました。
写真の門横の木が葉桜化してますね。
早咲きの木と遅咲きの木が入れ替わって、まだ当分の間お花見が楽しめそうです。
いつもはこの木だけ満開であとはダメダメ

松前藩主一族のお墓です。殿様のお墓ってこんなのが多いのでしょうか?
中には側室の墓とかもありました。
家計図を見たら、正妻ひとりと側室ひとりがせいぜいなところ。
徳川将軍が大奥もってたのに比べるとぜんぜん質素ですね。
中にはお花を供えた墓もありました。「椿姫」のお墓でした





テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/12(水) 00:07:07|
  2. 渡島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洞爺湖

銀玉という漫画があります。
主人公の持つ木刀には洞爺湖って書いてありますよね。
全国区ではわかりにくいのでしょうけど、
ローカルにはものすごいツボです。

洞爺湖は札幌をはじめとする地域で小学校の修学旅行先なんです。
修学旅行のおみやげはここの温泉街で買うのですが、
昔からここには洞爺湖と書かれた木刀が売っていまして。
小学生にとって、この商品はものすごく魅力的なんですねえ。
でついつい買ってしまうですよ。
あまり多額ではないお小遣い(上限設定ありますから)の中で。
たぶん一番高価な買い物なわけですよ。
もう我々にとっては、ただただ酢っぱい思い出なんですよ、これが。

だから、漫画で最初に見つけたときは、勢いで鼻づまりが直るぐらいウケました。
手前の梅が・・・まだ早かった

こちらは晴れの日の洞爺湖、白い山は羊蹄山。
湖の中の島がポイントです



  1. 2010/05/11(火) 00:07:07|
  2. 胆振日高
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本昔話

北海道は日本的な伝承に乏しいところです。
子供のころに。日本の昔話を読んだり、聞いたりしても、なんか北海道の人間にはピンと来ないというか。
魂に熱く語るものがないというか。
まあ、空々しい、どこか違う世界のお話という感じででした。
日本の昔話といのは、どんな時代の話であれ、なんか江戸時代の文化に脚色されている気がするのです。

江戸文化がダメダメな北海道で、最も江戸文化を持ってたのは。松前でしょう。
松前藩がありました。
日本の城がありました。
テレビドラマではあの水戸黄門も来訪したことになってます。
そんな松前ですから、昔話のロマンのひとつもあるのです。

狂った松前藩主がたくさんの人の耳をそいで埋めた耳塚の話とか。
狂った松前藩主が家臣を殺して投げ込んだ井戸の話とか。
いや、そんな話ではなく・・・

「血脈桜」
タイトルはおどろおどろしいですが、ホラー系ではありません。
昔松前の寺である夜、住職の枕元に若い女が現れて泣きながら血脈を頼んだ。
血脈とは、死んだ人が 仏になれるようにお坊さんが与える書簡のことで、
たぶんキリスト教の免罪符と似たようなものであろう。
住職はめんどくさがりながらも、血脈を与えた。
翌日になって、前々から計画していたリハウスのために、植えてあった桜を一本切ろうとしたところ、
木に紙がくっついている。
住職がその紙を取って見たら、昨日自分が書いた血脈ではありませんか。
それで住職のファンタジー魂に火がついて、昨日の美人は「桜の精」にちがいあるまいと断定し、
お寺の拡張工事を中止したという話です。

大筋はこのとおりですが、こう書くと昔話としてのありがたみがありませんね。
この桜は現存しています。
「南殿」という品種で、松前にある南殿はすべて、この木から分けられていて、
この木は松前のすべての南殿の中で、毎期最初に花をつけるそうです。

血脈桜が満開の姿を見たかったのです。
今年ようやくかないました。
本文で言いたかったのは最後の2行だけ?
こんな花がつきました



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/10(月) 00:07:07|
  2. 渡島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま外出中2

先日に引き続いて前日の予約投稿です。
今私がどこかで事故にあって、とんでもない目にあっているとしたらなかなかドランチックですねえ。
もっとも、本当にそんなことになっていたら、こんなこと考えて余裕かましていられるわけがないけど。
たぶん、今は松前。そしてたぶん車の中の寝袋の中。
当然去年の・・・
  1. 2010/05/09(日) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美瑛

美瑛町に入ったのは夜になってました。
宿泊施設がほとんど満員でしょうがなく、24時間使用できるトイレが付近にある駐車場を寝場所にしました。
もう、いくらなんでも凍死する危険性はないのです。
旭川まで戻ったってどうせ普通のホテルは満室だろうから、ネットカフェで一晩過ごすよりはいいのだろう。
車には寝袋も積んでるし。
それで、5時前に上る太陽も撮れてしまうのだ。
うーん、もうちょっと前景がよければ・・・

晴れてはいますが、空気の透明度はあまりよくないです。そうヌケがよくない。
北海道はこの季節はこんな日が多いのです。
早朝のパッチワークの丘

テーマ:北海道 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/08(土) 00:07:07|
  2. 富良野・美瑛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタクリ

今日は美瑛の話を書こうと計画していましたが、近くで
カタクリが咲いてたので、そのことを。

旭川の群生地で実物を見たくてここ何年か思いつめていましたので、天然ものでなくても実物が見れて嬉しかったのです。
知ってる人には特に珍しくない花かもしれませんが。

咲いている期間が短いうえに、地上に出てる時期も3ヶ月ぐらいだそうです。
デンプンのことを片栗粉といいますが、本来はこの花から作ってたそうで。
いまでも本物のカタクリコはごくわずかに生産されているようですが、すごく高価だそうです。
私の口には一生入ることはないのでしょう。
こんな写真ならコンパクトで撮ってもあまり変らんです。っていうか一眼レフだと撮りにくいです

花壇の中は紫の花でいっぱいでした。この場所の役目は今年はこれでおしまい。
青いのが混ざってるのはエゾエンゴサク



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/07(金) 00:07:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

稚内

稚内では何箇所か撮影に回ることができたのは幸運でした。
ここだけはナゼカ晴れていたのです。
市の西側の稚内公園には観光目的の展望台タワーがありますが、今回は上がりませんでした。
高いもの好きな私(バカ)としては珍しいことです。
タワーのところまで行ってはみたのですが、日本海側の視界がダメでした。
また街側を撮ろうとすると直下が墓になっていて、おそらく私が求める趣ではなかったのでした。

写真の場所はおなじみの堤防ドームです。
記憶では、中でなんか商売してたような気がするのですが、実際はガランとしてました。
あのときは「ていぼうまつり」でもやってたのでしょうか。

中を歩いていると、自転車のおじさんがドームの端を何度も行ったり来たりしていました。
何をしていたのかは不明ですが、関わってはいけない香りがしてました。
丸い柱があるとローマ風と呼んでしまうのはなんか間違ってませんかねえ

稚内市には市民参加型の大型娯楽商業施設はないような気がします。どこまでいってもこのような街並みが続いているようなのです。ちなみに写真は稚内駅から徒歩圏内の中心部・・・のはずなのです。
堤防に守られた街です

稚内公園は氷雪の門の像で有名ですが、そのとなりに小さな碑があります。
終戦のドサクサでソ連が樺太をぶんどったときに郵便局で最後まで使命をまっとうして自決した9人の交換手がいたそうです。
実際の最後の連絡の言葉はもっと長くてなまなましいものだったらしい。
ソ連もそうですが、そうしなければならなかった当時の状況が残念です。
海と街を見下ろす高台にあります




テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/06(木) 00:07:07|
  2. 道北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風の強い日は

先日も書いたように、ドライブ1日目は天候悪しです。
日本海側は年中風が強く、風力発電のプロペラがぶんぶん回ってます。
こんな状況では、駐車場で車をとめるのも、注意が必要です。
自分がぶつけないことはもちろん、相手にもぶつけられないような位置を配慮したほうがいいのです。

今回ではありませんが、風が強い日に道の駅で車をとめていたら、隣に入ってきた車のドアが開いてガショーンとやられました。
ぶつけた相手が誠意のある対応をしてくれて、後の段取りの話をしていたら、違う人が反対側から私の車にガショーン。
最初の加害者は微妙な顔で微笑みました。
プロペラ銀座、天塩町の先にあります
  1. 2010/05/05(水) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長距離ドライブ

とりあえず一度帰還しました。
ルートはまず稚内に行って、絶望して、美瑛まで降りてきて、すこし人生ってよかったなって思ってから札幌に戻りました。
遠かったです。信号がほとんどない道をビュンビュン走って、走っている途中で精神崩壊が起きそうなくらい何もない道を走り続けました。

サロベツ原生花園なんて、花一輪も咲いてないし。
日本海側がガスってて、利尻山見えなかったし。
トナカイ牧場行ったらほとんど閉園時間だったし。
鹿をはねそうになるしで・・・・
一日目いいことなし _| ̄|○ il||li

稚内の駅のそばにあるラーメン屋が顕在なのを確認できてよかったくらいのものです。
「たからや」といいます。
昔からやってたおばあさんは引退したみたいだけど、味はしっかり伝承されてました。
稚内にお立ち寄りのときは是非。老舗ラーメン屋なので、原住民に「塩ラーメン」、「昔からある」、「有名」をキーワードにすれば教えてくれるはずです。
見よ「さいはて」に囲まれた絶妙なロケーション!




  1. 2010/05/04(火) 00:07:07|
  2. 道北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ただいま外出中

この記事がでているということは、私はたぶんどこかに出払っていることと思います。
これを読んでいる人とどこかで遭遇したら面白いのでしょうけど、そんな偶然はなかなか無いわなあ。
重そうなカメラを持って、これでもかというくらい被写体に近寄って写真をとっている変な人を見かけたら、それは私かもしれません。
これも去年の




  1. 2010/05/03(月) 00:07:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにもしない日

天候が中途半端でほとんどくすぶってました。
連休期間中の札幌は例年晴れの日に恵まれません。
外に出てみると室内より暖かいのに驚きます。
今年になって初めてじゃあないだろうか。

やることもないので、ここ最近のニュースを眺めていました。
平時にテレビや新聞をほとんど見ない私は、小学生並みに世事に疎いです。
浮世で何が起きているかを、みなさんのブログで知って驚くことも少なくありません。
流行の曲が何かも知らないですし、そもそも歌う人なんて誰が誰やら。

以前の仕事でよく行った(前を通行しただけ)の歌舞伎座取り壊しもなかなか感慨深いニュースでした。
あとお騒がせ芸能人の離婚とか、どうでもいいやあんなの。
なんかもったいない


  1. 2010/05/02(日) 00:07:07|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。