フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤクルト

いつものように会社に行くと
いつものようにヤクルトおばさんがフロアの入り口にいました。
私は朝は缶コーヒーという不文律があるので
いつものように挨拶だけでやりすごします。

不思議ですねヤクルト。
普通のお店に行っても置いてないし、
昔の牛乳みたいに配達されるか、ヤクルトおばさんから買うぐらいしか
入手方法が思い浮かびません。
そんな日持ちしなさそうなものではなさそうだからスーパーで売っててもよさそうなのに。
鮮度が命?

それでもヤクルトといえば大企業で、
あの単価が低い飲料で、なんで球団まで維持できる組織なのか不思議です。
調べてわかったのは、ヤクルトおばさんは買取制だったということ。
つまり、自分で必要な分を仕入れて、
売れ残った分は自分らで消費しなければならないということです。
毎朝4人ぐらいのヤクルトおばさんの集団にすれ違いますが、
みなさん個人経営主みたいなものだったのですね。

なんちゃってスクールバス。飲食店のらしいのですが、何に使っているんでしょう?
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 22:22:01|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定期券が買えない

今日もボケ話です。
通勤定期を更新しようと自動券売機を操作したのですが、
なぜか、新規購入操作ができませんでした。
あれ、何を書いているんだろう。
更新しようとして新規購入なんて、この話自体がボケてるじゃあないか。

定期券を買うとき、みなさんはキッカリと自宅付近の駅から会社付近の駅まで買いますか?
私の場合はその金額と同じに収まるように、ちょっと区間を広げて買ってます。
通勤交通費の領収書を出す必要がないからできることなのですね。
そこでだ!私の会社の駅はちょうど路線がクロスしている駅だから、
区間延長の方向が3つ選べるのです。
そのうち私用や社用で多く使いそうな方向に延ばしてます。
春先なら円山方面とか、飲み会が増えそうな月ならススキノ方向、
デフォルトはJR札幌駅方向という具合に・・・
会社側からはどうでもいいことですから、好き勝手な方向に延長します。
だから、毎月どの方向に延長するか選ぶのが隠れた楽しみになっていたのですね。
前の月と違う駅の区間を買うわけですから、これは定期券の新規購入になります。
今はSUICAのような定期券を使ってますから、
買い直しでも券の自販機にカードを入れて、画面操作するわけです。

それで最初の話に戻って、その買い直しの操作がなぜか今日はできなかったのです。
画面では○○のボタンを押してくださいとメッセージがでるんですが、
そのボタンが見つからない。
毎月ちゃんと買えてたはずなのに今日はなぜかできなかった。
仕方なく先月の単純更新としました。
だって、後ろにかなり人が並んでたんですもん。

どっか頭のネジが飛んでたんでしょうか?

昼休み。お手製弁当ですかねえ
  1. 2010/09/29(水) 22:27:21|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新さっぽろでぐるぐる

不思議なことですが、秋になると判断力が落ちます。
簡単なことで迷ってしまうのです。
今日は朝から、いつもと違う仕事場に行きました。
「新さっぽろ」で地下鉄からバスに乗り換えたのですが
バス乗り場までなかなか行けず、
階段を上がってみたり、地下に降りたりしたあげくやっと着きました。
前に来た時は一発でいけたはずなのですが・・・

帰りにも迷ったあたりを歩いてみました。
納得できなかったのですねえ。
で、残念なことに再び迷いました。
案内標識をちょっと見落としたら、訳が分からなくなる。
これはもう新さっぽろの地下鉄駅からJR駅の間は魔所ということにしましょう。
とても私のようなシロートが気楽に歩けるところじゃあない。
そのうちソーナンするかもしれません。

うーん、そろそろマンネリかな
  1. 2010/09/28(火) 22:30:24|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立体カメラ

一眼レフで連射連写した写真をパソコンで高速で切替るながら見ると
写真が立体的に見えます。
自分としては大発見で、これはもしかしたらノーベル賞級の発明ができるのではないか
と過剰に興奮していたのですが、
私が甘い汁を吸う前に製品として発売されてしまいました。
今回のフォトキナでMINOXが出品してます。ミニチュアカメラだけ作っていればいいものを!

やはり、ほんの少しずれた画像を写すためにレンズが縦!に並んでついてます。
立体画像はずれた画像をPCの画面上で高速に切り替える動画にするそうですから
プリントすることを最初から捨てていて潔いです。
また最新の3D対応ディスプレイを相手にしていないのもなかなかトンガッてます。
縦で立体という発送が面白く、こんな製品は過去になかったですね。

念のため。夜景ではありませんし、立体でもありません
  1. 2010/09/27(月) 22:17:41|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新種

サッポロビールから新製品のクリーミーホワイトなる発泡酒が出ました。
新手が出たら、とりあえず味味(あじみ)するのですが今回はちょっと遅かったかな。
昨日初めて飲んでみました。
それでちょっと驚き!
ヴァイスビールの香りがある。
ヴァイスビールは私の好きなビールなのですが
日本では人気がないのか、どのビール会社もメジャーに製品化されたことがありません。
輸入物か地ビールを探すしかなく、いづれも高価です。
ドイツ行けば缶ジュース並なのに!

というわけで、今日も買って飲んでみました。
改めて飲むと、うーんあと一歩って感じでしょうか。
それでも、発泡酒としてはなかなか上等かもしれません。
長く売っててほしいなあ。

すいません。今回の外出は写真抜きです
  1. 2010/09/26(日) 23:05:18|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

閑話

この記事が出ていたら、私はちょっと遠くに行ってます。

クラーク像そばの結婚式場です
  1. 2010/09/25(土) 22:37:16|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

使えます!

やむにやまれぬ事情で、Linuxに関わっています。
サーバを構築する場合に威力を発揮しますが、
古めのPCならLinuxの方が快適に動作するようです。
仮想化を使って、自分のWindowsPCやMACの中に別のPCをインストールできますから
ちょっと試しにインストールしてみて様子を伺うのも手ですね。

OSやOfficeっぽいソフトが無料で使えますから
インターネットと事務用書類作成だけのためにPCが必要なら
これで十分かもしれません。
経費を削りたい会社は検討すべき?
しかし、この世はマイクロソフト形式の書類で動いてますから
取引先の会社にワードやエクセルのファイル提出を求められたら
ちょっと対応が面倒です。
過去に北海道でLinuxを使って公務をしようという動きがあったようですが
結局はオタクのようなマニア以外は使いこなせなくて、
かえって余計に税金を浪費したということもあったようです・・・情けない。

ちょっとズルしてます。よくよく見ると空と木の境目が不自然です
  1. 2010/09/24(金) 22:27:57|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐古カメラ

今年はフォトキナ(ドイツで2年に一回開かれる映像機器の自慢大会!)のせいか
カメラメーカーがいろんな新製品を発表してます。
どんな製品を見ても、華のある方向への興味はあまりないですし
まあ順調だけど、予測の範囲内なカメラやレンズその他です。
特にヨダレを垂らしながら見守れるような製品はないですね。

そんななかで、「おやっ!」と思ったのは、今や日本で唯一の某ファイルフィルムメーカーから
参考出品されたデジカメぐらいでしょうか。
一見すると、昔のコンパクトカメラのようなカッコです。
ちゃんとファインダーがついていて、明るい単焦点レンズが固定されてます。
なにより嬉しいのは手に持ったときに左手がカメラ本体をつかめる形だということです。
デジタルになってほとんどのコンパクトカメラのレンズは左側に押しやられました。
私はカメラボディを両手でがっちりつかむ派ではないのですが、
カメラのレンズは中央に近い位置であったほうが好みです。
またできればボディには皮のようなものが張ってあれば尚よしです。
Fujiの新製品はこれらの特徴をすべてクリアしています。
しかも、アナウンスされているスペックはなかなか高いものです。

こういう製品を求めている方々はかなりいると思います。
理論的に優れているのかもしれませんが、
かわいげのない形で摩訶不思議なメニュー操作を強要する製品が多い気がします。
回顧趣味と言われるかもしれませんが、昔のカメラの形のほうが
手になじむものが多いのです。

で、私はそれを買うかというと、たぶん買わないと思います・・・
製品の良し悪しではなく、使用頻度がほとんどないことが
今までの経験からわかっているのです。

なんかちゅーと半端ですね
  1. 2010/09/23(木) 22:25:45|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の変な人

大衆の前で、一般的ではない振る舞いをするというのは
どういう気分なのでしょう。
私は目立つことが嫌いなので、よく分かりません。
今日の帰りの地下鉄の中で一心不乱に手の上で玉ころがし
をしている若者がいました。
ジャグリングの訓練かもしれません。
直径10センチぐらいの透明な玉。
プラスチックでしょうけど。
視界の中にあると手がくねくね動いて
たいそう気色わるいのです。
他の乗客も生暖かく見てました。
それにこやつの場合は席を2人分占領してやってやがりました。
帰りのラッシュ時に迷惑な話であります。

こんな感じのやつです。
本人は何とも思わんのでしょうかねえ。
向かいの高校生に盗撮されてましたけど。

まなざし
  1. 2010/09/22(水) 22:30:05|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋です

昨日、タオルケット一枚で寝ていたら朝方に生命の危機を感じました。
もう夏じゃないですね。
コスモスもいつの間にか盛を過ぎてました。
ああ、今年も行けない場所があった。

_DSC7056.jpg
  1. 2010/09/21(火) 22:56:59|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズ当たり外れ

撮影機材を刷新するに当たり、今度はあまりたくさんのレンズはそろえないようにしよう
と堅く誓ったのが5年前でした。
しかし、ついつい買い足してしまい、
今ではその当時を凌駕する本数のレンズを使っています。
こんなことは、この趣味に足しを突っ込んだ方ならよくあることだと思います。
そもそも、刷新時に以前の機材をあらかた処分する行為自体があまり聞かない話で
今日も写眞愛好家の皆様方は、着々と機材の収集に勤しまれていることでせう。

ただ、増える機材をどのように使い分けているのかは、他人様がどうしているか興味のあるところです。
今時のレンズはやたらデカくて重いのが多く、バッグに3~6本収納ぐらいではないでしょうか。
それ以上持ち歩こうとしても、普通は「体力の限界」という問題が立ち塞がると思います。
なんとなくカンと思い込みで数本のレンズを選んで持っていっては、
撮影時に「やっちまった。持ってくるレンズを間違えた」「あのレンズを持ってくるんだった」
と無い物ねだりするのはよくあることです。

しかしほぼ断言できますが、そのときにそんな機材があってもほとんどいい成果は期待できません。
今ある機材でなんとかするのが一番なのです。

珍しく反射望遠レンズ。
  1. 2010/09/20(月) 22:41:39|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近

最近、「これが欲しい」と思うようなものがありません。
欲求がなくなってきたということでしょうか。
もっとも自分に必要だと判断したら、即入手しますから欲求のスキがないだけかもしれません。
「これいいな」と思って調べていくうちにいろいろと隠れた面が見え出して
「やっぱりやーめた」となるパターンが多いです。

また、生活が決まったパターンになっていて、あまり退屈していません。
日々の喧騒の中に新しいストレスを増やしたいと思わなくなってます。
人生守りに入ったかな。

大通のイベント会場。毎度変わり映えなし。こっちも守りか
  1. 2010/09/19(日) 22:56:29|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愚行未遂

私は今日、ある衝動に駆られていました。
2日前の「警官と目が合わせて即ダッシュしたらどうなるだろうか?」
をやってみたくなったのです。
果たして、それで追いかけてくるのだろうか?
もちろん、反社会的な要素がまるでない私だから
よしんば追っかけられて捕まっても、偶然急用を思い出しただけとか言えば
問題なく開放してくれるだろう。
それより、警官の危機管理体制を見てみたいではないか。
警察活動が正しく機能しているかイチ市民として確認する権利ぐらいあってもいいだろう。
しかし無視されたらどうしよう?
という、とても頭の悪い逡巡の末のことです。
今、考えてもバカの極みのようなミッションですねえ。
よい子は決してマネしてはいけません。
そもそも社会的に問題のある行為です。

まずは中央ケーサツ署の前を通りかかったとき、署の前で警備をしてる警察官がいないか
ドキドキしながら様子を伺いました。
あれっ、いない?
普段立ってなかったか?
そんなんでいいのか?

それから目を皿のようにして、警官とすれ違う機会を伺いました。
その目的のためにムリに歩いてたわけじゃあないのですが、
おまわりさんがいない。
警官を一人も目撃しないで3時間歩き回れる都市ってどうなんだろう。

中央署。入ったのは印紙を買いに来たときぐらいです
  1. 2010/09/18(土) 22:00:16|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

略字

私は子供のころからアルファベットの省字が苦手です。
GNPとかOPECとかを社会科で習うことが始まりで、
いまではCULVだのMDMAだのと、一歩間違えればどうにでも解釈できそうな
英文字の羅列をさも当たり前のように使っているっていうのは抵抗があります。
なんかイヤです。
義務教育で教える以上の略字を仲間内以外で注釈なしに使うのはやめてほしいです。

その点、日本語の略はかなり分かりよいのではないと思ってます。
日本人だからというわけではなく、たいていのものは漢字単位や音感で略していくので、
意味が連想しやすいのです。
いくら日本語でも頭文字1音で略されるとナンだか分からんですよね。
でも英文字ならみなさん平気で、それをやっているのです。
変だと思いません?

大通公園でプレハブを並べだしたと思ってたら、飲食の行事をやってました。人はたくさんいましたがナンカやってることが貧相なんですよ
  1. 2010/09/17(金) 21:48:51|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職質

今日のニュースを見て驚きました。
元シャネルズのあの方が、また捕まったではありませんか。
ふーんと、記事を読んでいて「あれっ」と思ったのがあります。
職務質問で捕まったっていうことです。
私は長いこと生きていて、警官から職務質問はおろか
検問すら出くわしたことがありません。
やっぱり、プロの目から見ればそういう人の見分けはつくのでしょうか。
ふらふらしてキョロキョロと落ち着かないとか・・・
これなら、写真を撮るときの私はいつもそうなんですが。
ためしに今度、道端で警官と目が会った瞬間に走りだしてみようか。
追いかけられて捕まったら貴重な体験になることは疑いないでしょう。

天人峡羽衣の滝。ほんとは昨日の話題の続きで写真に合ったことを書きたかったのですが・・・
  1. 2010/09/16(木) 21:07:01|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

与太話

今日、職場の連中と北海道の観光産業について、よけーなお世話な会話がありました。
ほぼ全員の意見として一致をみたのは、「まだまだ、やり方が甘い」
資源には不自由してないのに、資源の使い方がいまいちというか
材料の加工が下手で素材の良さを十分に引き出せていない。、
一度行けば、それで一応の満足はしてもリピーターになりにくいものばかり。
じゃあ、どうすればいいのかというと、みんなで「うーん」

我々が考えても何も変わらないし、エラソーに意見したところで
簡単に実行できるものではないことは分かりきってますね。

そんな中で出てきた話で、本州から札幌に来た観光客のスナップ写真を見たら
クラーク博士像の前で同じポーズで写った写真ぐらいしか
札幌を楽しめていそうなものがないと言います。
これはなかなか的を得ているような気がします。
札幌でしかできないようなイベントをもっとアピールしないといけませんね。

分かりにくいのですが、周りは田んぼ。豊作みたいです
  1. 2010/09/15(水) 21:44:07|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

双眼鏡

先日、年配の方から声をかけられました。
私がぶら下げていた双眼鏡についてです。
珍しい!

「そのようなとても小さな双眼鏡でどのくらい見えるものなのでしょう」
ということが会話の行間から聞こえましたので、「まあ、こんな具合です」
てな感じで、覘いてもらいました。
見え方に感動していたようです。
その人も双眼鏡をぶら下げてました・・・マニアかな

超小型の双眼鏡はピンキリですが、
この手のものは、携行性がよくていろいろな使い方ができます。
旅行のお供、自然観察、スポーツ観戦、舞台鑑賞、動物園、美術館、などなど
ほんの少しでいいから高級なのがお勧めです。
それと、倍率は欲張らず6~8倍くらいで十分です。
小型大型に限ったことではありませんが、倍率が高すぎる双眼鏡は手持ちでは使いにくいものなのです。
またズームなんかも避けたほうがいいです。
これは一回失敗してみると痛いほどわかると思います。

双眼鏡で被写体探し。中央の山は十勝岳。噴煙出してます
  1. 2010/09/14(火) 22:27:20|
  2. 富良野・美瑛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本語

今日の帰りのことです。
地下鉄ホームで、こいつらを撃っても罪に問われることはないのではと思われるような
いわゆるバカップルがベタネタしてました。
盗み聞きするつもりはなかったのですが、会話が自然と聞こえてきます。
そこで、私はものすごいカルチャーショックを感じました。
「こいつら、何を言ってるのか全然分からない」
実は外国人だったというベタなオチではありません。
会話のはしはしには、理解できる単語があります。
それでも会話として聞こえてくるのは、訳が分からない音声です。
現代の若者はこんな話方をしているのか?
それとも、私の言語中枢がいっちゃったのか?
悟られないようによくよく聞いてると、
言葉のはしはしに、「みゃ」とか「にゃ」とか聞こえます。
名古屋弁なのか・・・いや、違う。
どうなっちゃてるんでしょう。
あはは、きれいなお花畑


  1. 2010/09/13(月) 21:35:06|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高速道

土日にかけて本当は山に登りたかったのですが、
諸般の事情と、根性の折り合いで日曜日のドライブに収まりました。
おなじみの美瑛周辺です。
出かけるのは早朝なので、行きは高速道路の必要を感じない北海道ですが、
さすがに帰りは、上と下では大違いです。
高速道路のいろいろな料金割引はたいへん有難いことで
この際だから、ドイツに見習って速度無制限までやった方がいいのではないかと思ってます。
あ、私自身はあまりスピードは出しません。
ただ、例えば、札幌-小樽間の高速道路で冬季時速60k制限で、ちょっとでも速度超過したら
すぐにパトカーが追いかけてくるのは行きすぎではないかと思ってるだけで・・・

ぐるんと美瑛町方面を回って、帰りは高速・・・
とETCカード忘れちゃった。
「まあいいや。どうせ1000円だし」と意味不明な勘違いして料金所で思い知ることになるのでした。

前田真三ファンなら、どこかで見たことがある建物。巡礼が後を絶たなかったせいか立入り禁止になってます
  1. 2010/09/12(日) 20:16:59|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遺憾な話

私は最近はまったく新聞やテレビを見ません。
以前、なぜiPadにテレビがついてないんだと
量販店の店員をドーカツ(?)した身なのですが・・・
ニュースなんかはGoogleで済ましていますので、
自分がどの程度世間ズレしているのかわかりません。

そんな中で最近ふと目にしたのは薬物で女友達を死なせてしまった
あの事件の裁判の傍聴記事です。
この事件はいろいろな意味で衆目の関心を引く要素に満ちています。
具体的に書くとエゲツナイ表現のオンパレードになるし、
調べればすぐにわかるのでここでは書きません。
少し読んだだけで胸糞わるくなりました。

そんなクソヤロー(ゴホン)はどこにでもいるだろうし、
浅はかな女(男もだけど)もどこにでもいるでしょう。
とりあえずは有罪にしておくべきだろうとは思う。
しかし、これからかわいそうなのは子供ではないでしょうか。
成長していけば世間の一部は残酷なことをすると思うし、
事件のことはその子も知ることになるでしょう。
子供に愛情があって、幸せに育ってほしいと願うなら
海外で育てるべきかな?

とりあえず反省してほしい。でも多分、ムリ
  1. 2010/09/11(土) 21:54:31|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケータイ

私が携帯電話を使い出したのは、わりと最近のことです。
仕事上、携帯やむなし。
といった心境でした。
ですから、ほとんど仕事用と割り切っていて、休日なんかは持つことを忘れることが多いです。
いつでも会話できるというのは、便利といえばそうですが、普段から首に縄ついているみたいで
どうも抵抗があります。
さらに使わないのが携帯メール。
ほんとに必要な連絡はたまにしかこないけど、
何かのはずみで登録した携帯メルマガがしょっちゅう来るのはうざったいものです。
それに、あんな少ししかないボタンで文字を打つという行為は、いまだに目眩ものなのです。

しかし、
昨日使ってみたポロクルは、携帯メールを使って情報のやりとりをしました。
無人のサービスはこれからいろいろと増えていくでしょうけど、
その種の連絡や確認のシステムにうってつけだということを思い知りました。
ゲンキンなもので、このような実例を見てみると携帯とそのメールを見直してしまいます。
さらにモーソーは果てしなく、「これは商売につかえるのではないか」とビジネスチャンスが
閃いたりします。
しかし調べてみると、どこかで誰かがやってたりとか、すでに世にあるものだったりします。
所詮は凡人の域を超えませんね。
名所を撮る観光客と、それをひっくるめて撮る私の影。

  1. 2010/09/10(金) 20:00:06|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポロクル使ってみて

昨日の予告通り、今日の昼はポロクルを使ってみました。
自転車に乗るのは何年ぶりでしょう。
風を受けて疾走すると気分いいです。
おまけに、所用がある北海道大学は構内に入ってしまえば、
信号もなく地下鉄2区間分が信号なしでノンストップ走行できます。
(ちょーしに乗りすぎて、自転車から降りたらドッと汗がでてきました)

サイクルシェアリング、いいのではないでしょうか。
レンタルではないので、一回の使用時間は30分以内です。
(25分になったら早く返せ!のメールが着ます)
つまり、乗って気ままに走るというよりは、
A地点からB地点までの移動用と割り切るべきでしょう。
それでも、公共交通よりは安いし、手軽に使えます。

自転車について、自分勝手な目線で言うと、
1.自動車を運転しているときは、自転車は要注意な物体です。
2.歩行者になっているときは、自転車はたいそう危険な物体です。
それで久しぶりに自転車に乗ってみると、
☆歩行者が鬱陶しいです。
なんと、自己チューなことだろうか!

街の真ん中に牛が!さすが北海道大学
  1. 2010/09/09(木) 21:36:35|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポロクル

朝何気に写真のようなものがあることに気が付きました。
すぐにネットで調べてみると札幌で実験的に6月からやってたサイクルシェアリングです。
早速昼に登録してカードをもらってきました。
30分50円が最低料金で、市内数箇所にある専用ポートのどこからでも乗れて
どのポートに返してもOKです。
とりあえず9月いっぱいまで使えます。
お財布携帯を持っていればカードを持つ必要がなくて、すぐに使えるのは便利です。
これなら観光客でも簡単に使えそうですね。
改めてシステムを見てみると、実験的というには後戻りできそうもないくらい
大掛かりな仕掛けになってます。
たぶん来年から本格運用するのでしょう。

明日の昼にでもちょっと遠出したいと思います。
もっと早く気づくべきだったのですが、考えてみれば6月からちょっと前までは
暑い日が続いてましたから、たぶん使う勇気はなかったでしょう。

_1040312.jpg
  1. 2010/09/08(水) 20:17:02|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとにただの道具なんです

二日前のブログを読んだ知り合いが、
何をどう勘違いして早まったのか、
私がナイフを持ち歩いているかもしれない
アブナイ人と思ってしまったらしいです。
ていうか、たぶんスイスアーミーナイフに反応したと思います。
アーミーナイフなんて名前は強そうですが、その実態は十徳ナイフみたいなもんで、
刃物というよりは道具です。
アウトドア専門店で手に入ります。
「人を殺める以外の用途には何にでも使える」という形容もあるくらい
平和的なナイフであります。
道具として兵士に持たのが、名前の由来です。
私が使っているのは、長刃(刃渡り6cm)、短刃、栓抜、缶切、コルク抜、ドライバー、
鋏、のこぎり、温度計、気圧計、あと使い方がわからん部分とかがひとつになったものです。
握った手にすっぽり隠れるサイズにこれだけ詰め込むのは、さすがスイス人ですね。

このナイフ、スイスの空港の土産物売り場でも売ってるです。
でもやっぱり刃物なのですよ。
後先考えずに買ってた人(たぶん浮かれた観光客)が
手荷物検査で引っかかって没収されてました。
やるなスイス!
こんな道具。上についてるのが使い方がよくわからんのと、まったくわからん部分です
  1. 2010/09/07(火) 20:53:26|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿崎商店

かなり前に知り合いから余市町の柿崎商店の話を聞いてたのですが
先の土曜日にやっと立ち寄れました。
海産物中心のメシ屋です。
場所は余市駅のすぐ近くで、何度も通ってる道に面してました。
気合をいれて通らないとどんな名所でも分からないものです。
事前に駐車場は満車であろうということは予測していたので、
近所の道の駅に止めておきます。
午後1時に入ろうとして、すごい行列。
かなりかかりそうに見えたので、時間つぶしにこれまた近所の
ニッカウヰスキーの施設をぷらぷらしてきました。
正門から入ると記帳を要求されました。
裏手の駐車場から入るとそのまま入れるのですが・・・
痕跡が残ってしまった。アリバイになるかな。

1時間後に柿崎商店へ戻りましたが、まだ行列です。
しゃーない。覚悟を決めて並んだら、10分ぐらいで座れました。
どうも、職権食券を売る段取りに問題があって行列ができてしまうみたいです。
行かれる方は長い行列にビビらずに列に付かれることをお勧めします。

食べたのはホッケ定食。なかなかよかった。
これで550円。時価?ちょっとパースついてライスと味噌汁が大きく見えますが、缶との比較で魚のサイズを推してください。
  1. 2010/09/06(月) 19:19:45|
  2. 積丹半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マメの話続き

先日に引き続きマメの話です。
足に合った履物を使う分には滅多にできないのですが、
できてしまうとやはり穴をあけて中の水分を出します。
このときの穴が小さいとすぐに塞がって、
また水分がたまりますので、針よりはナイフで開けます。
さて、マメも自ら穴をあけれるうちはまだましでして・・・
マメができたことに気がついても、ナイフはおろか針すら
携行していないのが一般時ですよね。
(街中や観光でナイフなんぞ忍ばせていたら日本的にはヤバイです。)
せめて安全ピンとか、代用できそうなものでもあれば使うのですが・・・
そうして、同じ履物を履き続けているかぎりはマメの箇所への圧力はなくならないわけですから
やがてマメが破裂します。
そうなると痛い!
ついにはつま先歩きなんぞでごまかしたりします。
後になって、被害箇所を見てみると・・・まあパックリ割れて赤い肉が覘いてます。
ここまでくると仕方がないので回復を早めるために皮を切り取ります。
内側が直に空気にふれるとまた、イテテテ・・・

こんなになっても、マメは2日もあれば痛みはとれて破裂箇所は薄皮が再生します。
ただ薄皮ですので、完全に元のようになるにはもうちょっと必要なわけです。
まあ、旅には履きなれた靴がよいし、スイスアーミーナイフの一本ぐらい旅行カバンに
入っていてもいいということで。
とにかく歩きます。こんな岬の先端までとか。あ赤外
  1. 2010/09/05(日) 21:06:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足の回復

実は沖縄旅行で足を痛めてました。
といっても、情けない話でして
沖縄ではほとんどサンダル履きだったのですが
そのサンダルはいまどきの普通の人間なら足裏にフィットするやつで
やや非凡な足の私の足と形が合わず
デカイまめが左右合計6つできてました。
トホホ・・・

私の足は幅が広くて甲が高いのです。
正確な足のサイズは24.5なのですが、5Eの靴で25くらいでたいてい合います。
しばらく履いていると靴は足の形に合わせて変形してきますが、
甲の高さは靴を脱いだときに、靴の形として形状記憶されず、
なんかコッペパンみたいになってます。
以前履いてたホーキンスのサンダルは問題なかったのですが、最近は売ってるのを見ないのです。

そんなこんなでマメも今週は全快して、歩きまわれるようになりました。
久しぶりにニセコを歩いてきて、積丹半島に立ち寄りました。
懸案事項(撮るべきもの)がひとつだけ片付きました。
碧がかった海ですが、透明感がないですね

  1. 2010/09/04(土) 19:07:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

汗・・・

朝、会社に行くときは気を使います。
できるだけゆっくりと家から地下鉄駅まで歩いていくのです。
意識しないで歩くとかなり早く歩き、たいして暑くはないくせに汗だくになってしまうのです。
ただでさえむさ苦しいおぢさんが、朝っぱらから汗まみれになってつり革につかまっている姿は
想像しただけでも暑苦しく、公序良俗に反していることはまちがいのないところです。

こんなことを考えて行動しているチキンなおぢさんは私ぐらいだろうと思っていましたが
これが結構な割合で実在しているのは驚きです。
帰りもまた同じで、会社から地下鉄駅まではゆっくり歩きます。
そして駅から家までは、何も気にせず普通に歩いていきます。
家に着いたときのムギ茶がうまい!
明日は晴れてほしいなあ
  1. 2010/09/03(金) 20:10:04|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想

会社の人間と話のはずみで、私が最近赤外線写真を撮っていると言ったら、
私に向けられる眼差しが5度℃ほど低くなりました。
一部の者は逆に10℃ぐらい高くなったようですが、総合すると下がったようです。

これは赤外線写真に対する偏見と妄想と憧憬によるものです。
このへんの誤解を釈明しておくと

1.夜に赤外線フラッシュ撮影するわけではないので、探偵の証拠写真のような映像は撮れません。

2.赤外線ライトを使った盗撮のニュースなんかを見ますが、現代のカメラならなにも赤外線でなくても暗めのとこで撮影できます。ただ赤外線というだけでニュースとしての食いつきが強いので目立つだけです。

3.薄着なら赤外線なら透けてしまうという都市伝説がありますが、赤外線写真で透けて見える程度なら
 肉眼でも透けて見えます。

ぐらいでしょうか。

海外では表現手段のひとつとして立派に市民権を得ている分野なのにイロ眼鏡がかかるのは残念ですね。

若い母とその友人か?拡大してもスケてませんよ
人力タクシー。カラーというよりはある種のモノクロかな
  1. 2010/09/02(木) 21:56:23|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くもりでも赤外

今日はくもり空でした。
モノクロの赤外なら結果は見えてますが、カラー赤外ならどうか試してみました。
あは。ダメだ。
けっこうコントラスト加えてます。葉っぱが黄色くなった以外は色気なしですね

ちなみに晴れならこうなります。違う場所なのはご愛嬌。
おなじみ時計台
やっぱり晴れの日用でしたね。

さんざん撮ってて気がつきましたが、赤外線は波長が長い関係でピントを少し近距離に補正しないとならないはずですが、あまり関係なく撮れてます。
レンズのガラスの材質のせいでしょうか。
ただ被写界深度の中に入ってるだけでしょうか。
  1. 2010/09/01(水) 19:43:48|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。