フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無意味免許

フォトライブラリーを見てみたら、短期間に連続して写真が売れてました。
何かに使っていただけるのは嬉しい限りです。
これを読まれていたら、この場を借りてお礼申し上げます。

私は政令指定都市に住んでいながら、なんと世間に疎いことでしょう。
おかずラー油の件といい、私の周辺の空間は世間様からズレているのではあるまいか。
今日やっと、教員免許が更新制になっていたことを知りました。
実は社会科の教員免許持ってます。
教育実習にも行きました。
ところがぜんぜんイバレた話ではありません。
もうすでに大化の改新が何年にあったかも忘れてますし、
アーノルドシュワルツェネッガーがオーストリア出身だったかオーストラリア出身だったかも
覚束ないのです。
まあ、飲みに行ったときのヨタ話程度の価値しかないのですね。
ところがです。これが更新制だとしたら
「実は俺センセーの免許持ってんだー」と軽薄に話すことが身分詐称の犯罪行為になってしまうのです。
ヤバイ、タイホされてからでは遅いと頭の悪そうな動機で調べてみました。
それによると、今は10年ごとに30時間の講習を受けないと教員免許が失効するとのこと。
しかし、私の世代のペーパーティーチャーについては、講習を受けなくてもいいのでした。
免許が失効することはないし、返納しなくてもいい。
もちろん、飲み会で教員免許を持っていることを告げて周りのヒンシュクを買おうが
酒の席を白けさせようが逮捕されることはないのでした。
それでも、何かの間違いか冗談かでセンセーと化して教壇に立つときには講習を受けてからじゃあないとダメ。
ホッ、一安心です。
自慢できるハナシじゃあないですけどね。
むしろ、現職のセンセーたちは30時間程度の講習で何ができるんだろう?
センセーなんて長い休み期間がありそうなものなんだから
もっと長時間ビシビシしごかれた方がいいのではないのか?
ハンパな講習することで、税金のムダ使い道を増やしてんじゃあないのか?

スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 22:29:00|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり元祖は偉大

ここのところ土曜日になるとヤボ用が入ります。
それで土曜日は晴れ。
んで、日曜日はヒマ。
そんでもって日曜日は天候崩れ
こんな周期が続いています・・・拷問か。
今日はスノーシューをはめて、ちょっと山の中を歩いてきました。
近郊の林の中です。
コースになってる場所ならともかく、
未知の地形上を歩くのはちょっとドキドキですね。
場所によってはスノーシューであってもズボッとはまるのではないか
小川の上とかだったら悲惨ではないのか
うーん、冒険だ。小さいけど。
今日は無事でした。
そろそろ本番モードで動かないとね。

さて、話は変わっていまさらながら、おかずラー油です。
これは桃屋がブームに火を付けた元祖だと認識しています。
どうも私の生活圏では本物が流通していなかったらしく
類似品しか食べていませんでした。
また、本家も同じようなものだろうと思っていたのです。
今日、初めて「辛そうで辛くない少し辛いラー油」本物を食べてみて驚きました。
モノがぜんぜんちがうじゃないか。
今まで私は何を食っていたんだろう。
やっぱりブームになるだけのことはあったのです。
おそるべし元祖の底力。
些細なことで感動してる小市民です。


  1. 2011/01/30(日) 22:58:51|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい年ですが

いい年して、いまだに食い物の好き嫌いがあります。
だめな物はとことんダメです。

今日は会社の飲み会があったのです。
会費が普段のレベルではないと思っていたら
食べ物がわりと豪勢なところでした。
刺身がですね
あの例の船の形をした入れ物に盛られてでてきたのですが、
あれってたいていツマで山を築いてから
表面に刺身を並べますよね。
ところがですね。
そこのは山の中もびっちり刺身なんですよ。
山の右斜面はトロで左斜面はカツオで
その層を食べ終わると次にはツブとアンキモといった感じで。
刺身はきらいじゃないから食べてたら
天敵が出てきました。
シメサバです。
私は和風の酢関連の料理が苦手で、
どう苦手なのかというと、食べてからしばらく
酢の風味がこみ上げてきて気持ち悪くなるのです。
今日のは大丈夫かなと思って2キレ食べてみたら
今、気持ち悪いです。
こうなってしまうとしばらくキツイです。
おまけに今日の会場では食い物はともかく
のみ放題のビールが実は発泡で・・・

  1. 2011/01/28(金) 23:14:48|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閑話

私はその辺にごろごろしている一般市民ですが、
今の総理大臣は一刻も早く御退陣いただきたいものです。
この時期だから言うわけじゃあないけれど
一番なってほしくない御方でした。
実は7年ほど前にあの御方のナマ話を聞いたことがあります。
話してる最中に妙にオドオドしてて、なんか威厳のひとつも感じられなかったです。
なにより面白くない話だったし、そもそも何を言いたいのかわからんのでした。
こんなんでこの商売続けてて大丈夫なんだろうかと思ってたら、
総理大臣にまで昇りつめてしまったのは恐ろしい限りです。
これだけじゃあなくて、あの御方についてはいろいろとよくない話を聞いています。
なかでも直接の経験者(どこにでもある、利用されてポイ捨てされたオジサン)の
話は強烈だったのですが、歪曲されてはいるのでしょうねえ。
でも、火のない所に煙は立たないからなあ。
責任逃れに腐心するという話もよく聞いてたし
今の政権運営を見てればそのとおりだよなあ。
個人ならこんなことを書くわけにいけませんが、公人だからねえ。

でも、誰に変わっても日本の未来は明るくないよなあ。

  1. 2011/01/27(木) 21:38:21|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな自家用車

私の実家には除雪車があります。
除雪キではなく除雪シャです。
この差はかなりデカイと思います。
もちろん、北海道は一家に一台除雪車が必要なわけではありません。
例によって父なのです。
症状が篤いのです。
父は定年前は重機系のサービスマンで
たぶんこの手の機械がすきなのだと思います。
しかし、父は道具の手入れということについては
たいへんだらしない特性を持っていて
これまた好きであろう工具を集めても
ちょっとの間にサビだらけにしています。

除雪車は、傍目にはみっともない改造をしており
特に後付のキャビンは不格好な上
デフロスターがありません。
つまり作業中にすぐに窓ガラスが雲るので
常時窓を開けて外気と同じ温度で運転をしなければならないのです。
囲った意味がほとんどありません。
そんな欠陥キャビンも相当高かったようです。
安物買いの銭失いの見本でした。
  1. 2011/01/26(水) 22:46:11|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠近感

友人から「イヴの時間」というアニメを観ろと言われました。
へっ、なぜ?
とにかくみろっ、となぜか巻き舌でした。
押しの強い奴です。いや私が弱いのか。
みろっと言われてもそ奴はDVDを貸してくれるわけでもありません。
ちょっと考えて、YouTubeを検索。
ありました。
ちょっと観た感じでは近未来モノ、テーマは鉄腕アトムに近いのか?
なぜ観なければならなかったのか電話してしまいました。
それによると建物の中で視線が回る感じが異様にリアルだとのこと、なぜ?
ふふふ、パンという言葉を知らんな。などと思いながらその部分を意識して観てみました・
改めて観てみると、確かに。
これはアニメでキチンと広角レンズの画像を再現してるからでした。
角度の広いレンズほど、画像の端が中心から放射状に広がって歪んで見えるのです。
これはレンズの特色であり、こうしないと広角レンズは魚眼っぽいものになってしまいます。
この特性がわかっていれば、集合写真を撮られるときは
なるべく中央にいたほうが歪まずに撮られることができるとか
イヤな奴を撮るときは画面の隅にするとか低次元な応用がききます。
話が戻って、今どきのアニメはちょこざいな効果に腐心するものだと驚きます。
こんな画像を作るにしても、手書きではたぶん不可能なはずで
手の込んだCGが必要なのです。
おもしろいのは、実写と同じ効果がアニメに現れていること。
いかにもCGではなくちゃんとアニメ。しかも自然な(背景)描写。

思わず全話探して観てしまいました。ちょっと違法かもしれません。



  1. 2011/01/25(火) 22:58:12|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな中毒

私はゲームにそれほどハマッたことがありません。
以前は、それほど反射神経や知性を必要としないRPGをやったこともありますが
すべてのイベントをこなすとか最強の装備にこだわるなどということもなく
とりあえずエンディングさえ見れればよしとしてました。
現在ではぜんぜん手を出していませんし、すでにゲーム機も所有してません。
知り合いには数名の廃人がいて
暇さえあればオンラインゲームの世界にどっぷりと浸かり、
ネット上の同類達との共闘に明け暮れてるようです。
廃人といっても、ちゃんと会社に行ってるようですから、まだマトモかもしれません。
何事にも中毒になリ切れない私は、ひとつのことに没頭するのが苦手です。
趣味もダラダラと続けて、途中で停止して、また再開しての繰り返し。
だからゲームに寝食も忘れて戦いに明け暮れる感覚がよくわかりません。
はるか昔に、ファイナルファンタジー7をやったときだって1年がかりだったのだ。

最近、特にわけがわからないのがソーシャルネットワークゲームです。
無料のゲームとうたいつつも、
なんらかのゲーム上のアイテムを買わないとゲームが進まないとか、
ゲームの沙汰も金次第のような
まあイヤなゲームなのです。
一部の論評には貧困ビジネスなどと手厳しいことを書いたりしてます。
どうもハマッた者には中毒性があるようなのです。
これらのゲームは携帯電話でできるそうで、
ひょっとしたら通勤電車の中でしきりに携帯を弄繰り回してる若者たちは
これにどっぷり浸かってるのかもしれません。
私としては電話の使用法として
すでに絶対OUTなのでした。


  1. 2011/01/24(月) 22:45:12|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的茶道

私は普段お茶を飲みません。
もちろんお茶をいれたこともないのです。

昨日、なぜか私がそれをしなければならない しちゅえいしょん に巡り合いました。
最初はそんなことは誰にでもできるだろうと思っていました。
もっと複雑な道具を使うコーヒーだってウマクいれることはできるし
出がらしのキュウスに湯を入れて茶にするぐらいの人生経験はあったのです。
ところがです。大甘でした。
キュウスに茶葉を入れて湯をそそぎ、それを湯のみに注いでみると
お茶っ葉がどくどくと出てくるではありませんか。
湯呑みの中には大量の茶柱が立っていました。
うーん、なんて縁起のいい眺めだろう、日本の風情だな・・・
などと感慨に浸っている場合ではありません。
こんなの出されたら私だって怒るでしょう。
それが相手は客人です。
お茶の枝は毒であろうはずはないことは当然としても
このまま出したら、私の今後の社会人生命にいろいろと影響するかもしれません。
何度かトライを続けるうちに、なんとかお茶っぽいもので出てきました。

あとで知ったことですが、茶コシという便利なものがそこにはあったそうです。

  1. 2011/01/23(日) 22:34:04|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原爆は反対ですが

日本人は原爆には敏感です。
イギリスのテレビ番組(和風に言えばバラエティかな)で
2度被爆した日本人の話題がちゃかした内容だったとかで,
日本大使館からテレビ局に抗議を入れたそうです。

日本は唯一実戦で原爆が使われた国として、核兵器に物申す立場にあるし
ピカドンの話は後々までも語り継ぐべきとも思っています。
しかし、バラエティ番組の中で出したネタに大使館から抗議するのはやりすぎではないか、
なんか子供のケンカに親が出てきてしまうようなバツの悪さというか・・・
これが個人レベルでの抗議なら分かるし、もしも私がその番組を見ていたら
なんらかの苦情ぐらいは洩らしたかもしれません。
でも国を代表して派遣された者が、
国益に関係なさげな冗談に対してとる措置だろうか。

抗議されたイギリスのテレビ局側は自分らの思慮のの足りなさを
謝罪するコメントを出しています。
こりゃあ、どっかの国の大臣が不用心な発言をして隣国から
抗議されてイイワケする構図に似ています。
謝罪してもタカラレル材料にはならない関係だから素直に謝れるのがいいですけどね。
日本の国民のほとんどは、何かと難癖つける近隣国のクレームに嫌気がさしているはず。
イギリスやアメリカだって似たようなものじゃあないでしょうか。
核兵器廃絶運動は正しいことだと思うから、世界の世論からウザイと思われないように
と願うのです。
  1. 2011/01/21(金) 23:37:46|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケータイメール

携帯電話を変えてから1ヶ月と少し経ちました。
変えてすぐに携帯電話のメール設定はしていたのですが
使うことなく過ごしてました。
だって、ケータイでチマチマ文字入力するのは苦痛以外の何者でもないし
必要なら社でも個人でもパソコンでメールが使えるのです。
携帯電話にメールするぐらいなら電話をかけてしまうほうが早いのだ。
こんな思想の私には使う必要が感じられません。
今日はたまたま携帯メールアドレスを打ち込まなければならない処理があったのです。
すでに自分はどんな携帯アドレスを使っているのかも忘れています。
それでアドレスを携帯電話で調べたのですが、受信ボックスに山のようにメールが入っていて
驚いてしまいました。
まだ誰にも携帯アドレスは知らせていないので、ロクなメールは皆無
悪臭ぷんぷんなイカガワシメールばかりです。
最初にメールアドレスを自分のフルネームにしたのが間違いでした.
おそらく、クソ業者は名前を適当に組み合わせたメールアドレスでトライして
当たったアドレスにクソメールを送付し続ける仕掛けなのでしょう。
前に登録したときに、フルネームの名前で登録できてラッキーと思ったことを思い出しました。
みなさん、迷惑メール対策で名前をストレートに使うことを避けていたのですね。

というわけで、すぐに携帯メールのアドレスを変更しました。
今度は名前の一部の文字を数字に変えてやってみたら、先約があってなかなか登録できません。
同姓同名さんも考えることは同じか・・・
ちょっとづつ変えて使用可能なアドレスを調べていくうちに
どう考えても自分の名前は連想できないアドレスに落ち着きました。

とほほ、3日もすればまたアドレスを忘れちまう。
  1. 2011/01/20(木) 22:57:35|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あしたのジョー

「あしたのジョー」が実写で映画化されるという話は前から知っていました。
へーまた昔の漫画の実写映画化かい、といった冷めた見方をしてました。
それが、今日中吊広告にこの映画のがあってちょっと目が覚めました。
たぶんジョーと力石役のボクサーのアップなのでしょう。
それが、知ってる人には、どちらがジョーでどちらが力石かがすぐに判別できる
ポスターだったのです。
正直、私は原作の漫画を読んだことはないし、
アニメにしても、ジョーがホセ・メンドーサと一戦やって真っ白になったのしか
見ていません。
もちろん力石徹の葬儀が実際に行われたというのも話でしか知りません。

そんな私でもポスターを見ただけで役割を理解できたのです。
これはなかなかスゴイことではないか。
私ですらそうなのだから、人によってはチビリそうなぐらい感銘を受けたか
原作をのギャップに映画を呪ったか・・・
私的には少なくとも地上波放送される前に旧作になったら100円レンタルしてもいい
このくらいの価値はあると思いました。
  1. 2011/01/19(水) 22:22:56|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまでも結構手間な作業です

特に事務仕事に特化していなくてもシュレッダーは使うものです。
昨今は信頼のおける業者に頼めば安心して印刷された紙を廃棄できるので、
使わなくなった方も多いかもしれません。
ウチでは基本的にはそんな業者でOKだけど、個人情報が印刷された紙は
シュレッダーにかけるよう決まっています。
この個人情報というのが曲者で、大抵の印刷物には電話番号のひとつとか
個人名、会社名、住所とかが記載されてますからまだまだ需要が高いのです。

かなり昔に、シュレッダーを使っていたときのことです。
やや動きの遅いシュレッダーに絶え間なく紙をつっこんで処理していました。
紙の束がかなり薄くなったとき、急に首を機械に引っ張られました。
そうです。ネクタイです。かませたのです。
その当時でさえ、よほど古い機械でない限りは安全装置というものが
ついているはずなのですが、このときはその余程な機械でした。
パニックになってスイッチを止めることが考えにおよびません。
シュレッダーとキスをする10センチ前で、機械が停止しました。
後からわかったことですが、カミくずがいっぱいになって自動停止したのです。
さてここが冷静になって考えるべきときでした。
現状ではネクタイががっつり噛んでいて引っ張っても抜けない。
ネクタイを緩めても頭が抜けるくらいの隙ができるようには見えない。
仕方ないので恥を忍んで同僚を呼びました。
そいつは、私の体を張ったパフォーマンスに目を三日月にして感動してました。
このときにそいつが他の誰かを呼ばなかったのは不幸中の幸いというべきでしょう。
とりあえず、英語ならHelp Meと訴ると近づいてきて機械の逆転スイッチを押しました。
なんだ、そんな気の利いた仕掛けがあったのか!
かくして、伝説がまたひとつ誕生したのでした。
  1. 2011/01/18(火) 21:59:53|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閑暇にて

昨日、車の雪下ろしをしたので朝が怖かったですが、実際は30cm積もった程度でした。
ただし一日中パッとしない天気が続き、例によって午後にはまた降りやがりました。
それでも雪の処理はすぐに終わり。
考えてみれば、休日は除雪以外は閉じこもりぎみな生活。
東京から来た友人が、北海道での最初の冬はウツになりそうだったと言ってたけど
気持ちはよくわかります。
滅多に晴れない灰色の空が毎日のように続くのです。
人類は(たとえ写真を撮る趣味がなくても)青空天井な生物だと思います。

久しぶりに以前使っていたフィルムカメラをいじってました。
たぶんもう使うことはないのかもしれませんが動態保存はしておきたいのです。
こういうものは長期に渡って使わないでいることが機械の健康に悪いそうで
たまに空シャッターを押したりしてます。
カメラボディーに比べれば、レンズの方はまだ実戦で使うことが多くて
かなり昔のものでも実用になってます。
レンズの収差(レンズの欠点というべきか特性というべきか)による写りを楽しむ
優雅な趣味はないのですが、現代のデジタルカメラはレンズの欠点をカバーできることが多いのです。
とりあえずコーティングされたレンズならある程度使えるのではないでしょうか。

そんな撮影道具を点検してため息が・・・
「写真も今は金のかからない趣味になったもんだ」

昨日に引き続き西岡水源地

凍った池の感じを見てみたかった
  1. 2011/01/16(日) 22:56:43|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやな傾向

私は平日はほとんど自動車を使いません。
通勤は地下鉄ですし、夜な夜なドライブする趣味もないし。
そして露天駐車場の悲しさで、この時期ルーフやボンネットには雪が積りますが
ナマケモノ体質の私としては雪下ろしは休日のみになります。
ここのところの天候のため、毎週末には50cmぐらいの厚みの雪を下ろしています。
下ろさないで走るとどうなるか、やったことがある方ならわかると思いますがたいへん危険です。
自動車の走行では加速時のGよりも、ブレーキ時のGの方が強力なものなのです。
普通に運転を考えてもらえばわかりますが、急に止めなければならないことはままあるものでして。
そして、その場合に雪は前に落ちてきます。
厚さ50センチの雪がフロントガラスをドスドスと滑ってくる様は見ていてなかなか楽しいのですが
急ブレーキを踏まなければならない状況下でそれをやられたらたまったもんじゃあありません。
ワイパーも重すぎて動かないのが普通ですし。

従って、自動車を使う前には雪下ろしは必須なのです。
イヤなのは、私が自動車の雪を下ろすと、なぜかその日の晩はよく雪が降るということ。
今日もせっかく落しておいたら、今の窓の外は雪。予報では大雪。
たぶん、毎年この時期には思ってる・・・「もう今年は雪はいらん」

凍結した池と危険を知らせるイラスト。全国に多量にあるであろうこの手のヘタ絵(失礼)は平凡な公務員の手によるものなのか?


  1. 2011/01/15(土) 21:48:54|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪まつりに足りないもの

例年のように、大通公園では雪像建設真っ最中です。
これまた例年のように、期間中は多くの方が来札されるでしょう。
それはそれでいいことだと思ってますが
札幌市民のひとりとして観光客のみなさんにお聞きしたい。
「寒い中でっかい雪のかたまりを見るだけの行事がそんなに楽しいんですかい」
私のまわりで、雪まつりを見に行く人はぜんぜんいません。
場所が場所だけに通りかかることはあるけれど。
少なくとも大通会場は観光客に雪像を見せるためだけの場所になってるようです。

雪まつりには東区のほうにも会場があります。
たぶん、ここまで来る観光客は少ないはずですが
調べてみると地下鉄駅から意外に近い場所だったのです。
以前は真駒内の方でやってたんですが、自衛隊と市のトップの関係で場所変更になったはず。
子供の遊ぶ場所というイメージが強くて一度も足を運んだことがありません。
でも考え方を変えると「雪と遊べる場所」というコンセプトは得がたいのではないか。
ある意味よっぽど雪まつりっぽいのではあるまいか。
場所も広いようだし、大人向けに雪と戯れる催しがあってもいいような気がするのです。
今年は足を伸ばしてみようか。
やっぱり寒いだろうけど。
  1. 2011/01/13(木) 23:40:26|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイガーマスクとあしたのジョー

ランドセルを匿名で寄付する運動が流行です。
私も無条件拍手だと思ってます。
人件費名目でピンハネされてるであろうユニセフの
半営利活動なんぞと比べたら雲泥の差ではないでしょうか。
ダイレクトメールが悪聡かったです。

今年になって、こんな現象が出てきたのは、
(大方は善意だと思っていますが)
政府の無計画な税金バラ撒きに対するアテツケもあるような気がします。
本当に援助が必要なところの線引きもつけないで、
人気取りをもくろんでいるのが透けて見えるのです。
結局、バラ撒かれた税金のツケは国民に跳ね返ります。
アメとムチを地でやってるようにしか見えません。
こんだけ福祉のバラ撒きに金使ったから消費税上げますで
みなさん納得できますか?
国民のために政策を決めてくれ。

だから、よけいに今回のタイガーマスク運動は粋な計らいに見えるのです。
余談ですが、一連のニュースの中の解説で
なぜ虎の穴とタイガーマスクが敵対関係にあったのか分かりました。



  1. 2011/01/12(水) 22:50:54|
  2. 考えさせられたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢オチ

どうも、ここ数日私の実年齢にそぐわない夢が続いています。
よく言えばSFな世界、実際はちょっと電波なライトノベル風。
もっとも私はライトノベルを読んだことがないのでたぶんなのですが・・・

夢の内容は覚えていることが多いです。
そして、ほとんど毎夜見ているようです。
どちらかというと現実路線が多くて、
夢の中で会社に行って仕事をして家に帰ったら目が覚めたという
ベタだけどシャレにならないような夢を見たりもします。
従って、ここ最近のファンタジー系は異例なことです。

映画を見たとか、本を読んだとか、頭を打ったとか、
そんな影響を受けるようなものに心当たりがないのです。
まさか連日の除雪が引き金に・・・んなワケないですよね。
夢が本人の潜在意識の現われとか言ったのは
かのフロイトせんせーだったでしょうか。
だとしたら私の心の奥底はかなりヤバイことになってます。

今夜戦隊モノの夢なんか見てしまったらどうしよう。
  1. 2011/01/11(火) 23:03:32|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノーシュー使ってみる

三連休は除雪に追われました。
家の周りは70cmは積もったと思います。
これでも青森よりはマシらしいってのがスゴイ。
こんなんだからスノーシューの使い心地のテストは近所でも
なんら問題ないのでしょうけど
せっかくだからちょっと野幌の原始林まで行ってきました。
原始林というと、なんか厳しげな場所のように聞こえて
いかにも北海道なヒビキですが、札幌と江別の境目に広がっていて
何の変哲もない木がたくさん生えてる場所です。
歩くスキーを楽しむ方が多い場所ですので、スノーシューで歩いてもよいだろう。
遭難する危険は皆無だろうし、ある程度は除雪も入ってると見越して行きました。
チキンヤローなことです。

今日は膝下ぐらいまでの長靴に装着して歩いてみました。
新雪の上を歩くのですから、スノーシューとはいえ結構埋ります。
ギリギリ雪が入らないぐらいです。
それに重労働、雪を漕いで歩くので体力を使うのです。
ないよりははるかに楽ですけど。
正直、履いて歩くまではスノーシューの重さが負担になるかと思ってましたが
本当の敵は雪の抵抗でしたね。
雪は降ってから数日でかなり固まりますから、
今回はズボズボの悪目のコンディションなのでしょうか。
いや、固まった雪なら更に漕ぐときに辛いかな。
まあそのうち分かるでしょう。

今日は様子見ということで、それほど長い距離を歩いたわけではありませんが
写真撮影のための移動手段としてはかなり実用になりそうです。

近所にはこんなものもあるのです。


  1. 2011/01/10(月) 22:44:41|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホームセンターまで30分

札幌に住んでいると、短期間にガボッと雪が降ることが
1シーズン中に必ず数回あります。
昨日から今日にかけてが、そのときでした。
こうなると、道幅は狭くなるは、高速道路はやたら通行止めになるは
交通機関にはいいことなしです。
もちろん私も、除雪で疲れていいことなし。

道路の除雪はなかなか手がまわらないようで、
家の前の片側2斜線の道が1斜線になってます。
もとろん渋滞。
普段は5分とかからない場所に30分かけて行くことになります。
よく北海道の人は運転が下手と言われてます。
言語道断なのは右折がなっちゃあいないこと。
クルマを中央に寄せないと後続車が詰まるのに、
普段の走行車線のまま右折しようとして道を塞ぐ。
もっとも車線なんて雪に隠れて見えないけれど、
対向車が通れるぐらいまでなら寄るのが常識だろうと思います。
冬の渋滞の要因は右折ヘタにあると思ってます。

曲がるので思い出しました。
ウィンカー!
普段運転してると、曲がるときにはウインカーを上げてからブレーキが常識だと思うのですが、
先行車の運転を見てると、走行中いきなりブレーキランプの曲がる直前でウインカーというのが
圧倒的に多いです。
後方車に自分の動きを伝えられないのは危ないことだと思うのですが。

さらに、曲がる前にまずウインカーをあげて車線を寄せて、またウィンカーを上げて曲がる。
こんな運転してる人を見たことがありません。
教習場では、必ず習うことなんですけどねえ。
正直、これはこんなことを強制する教習方針がおめでたいと思ってます。
これはこれで正しいのかもしれないけど、実際はちがうということを明確にしてほしい。
現実を踏まえて教えてくれ。


  1. 2011/01/08(土) 22:46:18|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あほう鳥

小鳥をカゴから出して遊ばせていました。
たまたま立ててあった、円筒に丸められたままのカレンダーが気にいったらしく
上に止まってはどこかに飛んで、また止まって遊んでいたようです。

ちょっと目を離したスキに鳥が消失しました。
見回してもどこにもいないのです。
隙間に入って隠れるような性格ではないのですが、
真っ白というのがビミョーな保護色になることがあって
しばし、探しました。
そのうち、気がついて立ててたカレンダーを持ち上げると
ヒョコッと出てきました。インコなのにヒョコッと。
そうです、運痴なペットはカレンダーの筒の中に頭から落ちて
そのまま動けなくなっていたのです。
鳴いて助けを呼べばよかったのに、
体勢的に鳴けなかったのか?

そのときの写真を撮っておくべきだった!
そうだ。もう一回やってもらおうと思ってももう遅い。
鳥はカレンダーに二度と近寄ろうとしませんでしたし
再現しようとしたら、本気で抵抗するのでした。
こういうことは絶対忘れないヤツだからなあ。



  1. 2011/01/07(金) 23:17:30|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日は本降り

今年のブログは5日目にして頓挫してしまいました。
4日続いたから3日坊主よりはちょっとだけマシか。

札幌はだいぶいつもの冬らしくなってきました。
今日の雪はけっこうな降りです。
去年の年末にスノーシューを入手したという記事を書きましたが
まだ実地で使っていません。
年初に近郊の山の様子を見にいったら、
スノーシューというよりは、アンゼンがよさげな様子だったので
使うのがのびのびになっていたのです。
今日の雪は雪質もいいし、そろそろ雪原デビューできそうです。
こうして、雪が積もっていくのが少し楽しみな反面、
除雪のことを考えると多分に憂鬱です。

ケータイカメラ、雪天のときでもいい感じではないか!
  1. 2011/01/06(木) 22:58:46|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月明けて

今日から仕事が始まりました。
朝の通勤地下鉄はかなり空いてました。
やっぱり4日から仕事始めな会社は少ないのかもしれません。
業務終了時に軽く飲む行事があるのはたぶんよい慣習なのでしょう。
おかげで早くも禁酒生活が破られました。

飲んでての話の中で、山登りの話題が出てきました。
話の中で憤慨したのは、私より高齢の山男が登山活動で若い山ネーチャンと
楽しい活動をしてることです。
私なんか、ただ一人もくもくと山歩きしてるだけなのに!キーー!!
しかし、山男の自慢話は話を半分くらいにして聞けという格言があります。
つまり、「身の丈3メートルぐらいの熊に10メートルぐらい近づいた」という話なら
「ちょっと大きめの熊を遠くから見た」ぐらいに翻訳して聞かなければ実情と一致しないのです。
従って「とてもカワイイ女の娘と二人っきりで山小屋で宿泊した」と聞いたなら
「とりあえず性別は女性の人間が、山小屋で寝ていた」ぐらいに解釈すべきでしょう。
こんなものなのです。
あれっ、ちょっとマズイ話でしたか?


  1. 2011/01/04(火) 22:35:57|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

正月終えて

うーん、新年3日目にして書くことが思いつかない。
こんな日にはムリに記事を書く必要はないのですが、
毎日の習慣としてはやはり何か書いておきたいところですね。

明日からは普通の生活に戻ります。
何もしない正月休みも今日でおしまいです。
国民の大移動に巻き込まれる盆と正月は家で死んだフリするのが慣わしなのです。
正直な話、退屈な日々が続いていたので今夜は少し遠足前夜気分ですね。
ちょっと悲しい話です。

今正月はうまいぐあいに飲む用事はパスできたので
今末から休肝日が続いています。
この調子で会社の新年会までは禁酒生活を続けたいものです。
甘酒ぐらいは飲みましたが、いっしょに食べたチーズとの食べ合わせに難があり
ただ今少し吐き気を催しています。
  1. 2011/01/03(月) 22:42:44|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年はウサギ年

今年の干支はウサギです。
くだらない趣向で干支のバトンタッチのような画を演出してた記事がありました。
子トラとウサギのツーショットというわけです。
ウサギはたいていは臆病者ですから、
現場ではかなり恐怖だったことでしょう。

以前、実家で飼っていたウサギはまるでイヌのような性格のヤツでした。
私を発見すると飛んできてまとわり付くのです。
そんなときはソファーの上に座らせて頭を撫でてやってました。
あるとき、手が離せないことがありました。
ウサギはしばらく私にちょっかいかけていたのですが
やがて諦めたのか、私から離れたと見ていたら
ソファーの定位置まで行って座って私を待ってました。
あまり人に懐く印象がない動物ですが
こんな性格のやつもいるのです。
そいつも天寿を全うして数年経ちます。

ウサギにしては珍しいポーズ。このときのシチュエーションから、人の気を引きたかったのではないかと思います
  1. 2011/01/02(日) 20:26:44|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

年始といえば初詣です。
ここはやはり北海道神宮に行くしかあるまいと思って地下鉄円山公園駅を降りました。
参拝路の標識を辿っていくと、北海道としてはありえない行列になっていました。
まあいいや、近場の神社にしよう。
元旦から逃げてます。
それで、北海道神宮より位が高い神を祭っているらしい白石神社まで行きました。
位は高くても神社は小規模です。
北海道神宮よりは流行っていないと期待しました。
やはり行列でしたが待てないほどではないと判断しました。
娘婿のために神社の土地の一部が病院になってしまったという神社ですから
ここでは負けられないとワケが分からない信念で行列しました。
30分ぐらいだったと思います。
賽銭箱の前にようやくたどり着いた時には、不覚にもある種の達成感で満たされました。
神様に挨拶しに行くのもたいへんなものです。

表参道の大鳥居。ロケーションが北海道っぽくない

  1. 2011/01/01(土) 20:10:13|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。