フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

引用

以下は私がよく見に行くブログからの引用です。
こんなことでも震災の被害を広げないお役に立てればと思い、
またブログ主の意思でもあるので転記しておきます。

転記元
気ままにPHOTO LIFE


【以下引用】

ネット出来る余力のある人につぶやき続けて欲しいこと。

特に知っておいてほしいこと

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 
またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。

・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。


・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。


日記・ツイッターで広めて下さい。
お願いします!

スポンサーサイト
  1. 2011/03/14(月) 20:46:09|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌地下道開通

先の土曜日から札幌駅と大通公園間の地下道が開通しました。
札幌駅からススキノまで繋がったと言えば分かりやすいかもしれません。
札幌駅周辺地区と大通地区の行き来が楽になったので経済効果が期待できると予想してますが
それがどんだけのものか疑問です。
最近衰退著しい大通地区にしてみれば駅前に移った盛況を呼び戻す契機にしたいのでしょうけど。
私としては「駅周辺で飲んだあと、ちょっと遠いけど徒歩でススキノの2次会に行ってもいいかも」
ぐらいでしょうか。
今の市長さんは、見た目を充実させようとするあまり
非現実な夢に猛進するNPOの進言に過剰に耳を傾けるこが心配です。
こんなこと書くとマジメに活動されてるNPO団体さんには失礼になりますが、
トンデモナイNPOなんて掃いて捨てるほどあるのです。
 後先考えずに夢を追ってる方々、
 ただの仲良し集団、
ぐらいならまだ許せるのです。
ひどいのになると
 次から次と新しいNPOを立ち上げては資金を集めて食いつぶして行く、
 理想を看板にして若者をタダ働きさせて懐を肥やす、
 助成金タカリ
などの洒落にならない困った方々を見てます。
私のまわりはそんなのばっかり。
現市長の選挙活動支援してたNPOもいて
市長も進んでNPOを選挙活動に利用してた経緯もあります。
当然そんなところの声は市長に届きやすいのです。
こうなると政治活動に加担すること自体が、
NPOとして認可された精神に基本反してるのではないかと思っています。
ブレーンとして市長にNPOのためにしかならない粗末な理想を吹き込んでるようです。

利便性から考えれば地下道は大歓迎ですが、
現状の市の懐具合に見合った工事なのか、
他に優先すべきことはなかったのかを十分に討論できたのか甚だ疑問です。


地震の話に飛びますが、
私の知人数名の安否がはっきりしませんでしたが
昨日夜に皆無事だったのが確認できました。
いづれもほとんど被害がなかったようで、その件では安堵しましたが、
不幸にして震災でお亡くなりになられた方々に改めてお悔やみ申し上げます。

  1. 2011/03/14(月) 20:17:04|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。