フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真のつくり方(3)

イルミネーションを撮影した方なら特にピーンとくると思いますが
電球の光の色を出そうとして真っ暗な中に光点だけがが点々としている写真になったり、背景を出そうとして、イルミネーションの光がただの白点になったりすることはよくあるものです。
雪が降ってしまえば、反射によってわりとよいバランスになってくれたりもするし、ガスがかかったりしても同じような効果になったりすることもありますね。
でもそうでない場合は本当に夜になってからではなくて、日が沈んで空にまだ色が残っているときにきれいな夜景が撮れることが多いです。
これはかなり前から実感として気がついていました。
夜景はほんとうの夜に撮るとうまくいかないことが多い。
やっぱり有名な話らしくて、写真教室やちょっと気のきいた写真の撮り方Bookでも解説しているらしい。

なんでこんな話をしているのかというと、札幌のイルミネーションの点燈時間がどう考えても私の記憶より30分は遅くなっているようなのです。
以前はうす暗くなってきたと思ったらチカチカしていたと思うのですが、
今は真っ暗にならないとスイッチが入らないようです。エコってやつですかね。
平日はともかく、せめて土日はもう少し早くピカピカしたほうが観光客へのうけもよいかと思うし、哀れなカメラマンが三脚にカメラをセットしたまま寒空の下で途方にくれていることもないと思うのですが、
いかがなものでしょう。市長。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2009/12/10(木) 00:09:52|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真のつくり方(4) | ホーム | どうでもいい話だけど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/10-f920ed16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。