フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愚行未遂

私は今日、ある衝動に駆られていました。
2日前の「警官と目が合わせて即ダッシュしたらどうなるだろうか?」
をやってみたくなったのです。
果たして、それで追いかけてくるのだろうか?
もちろん、反社会的な要素がまるでない私だから
よしんば追っかけられて捕まっても、偶然急用を思い出しただけとか言えば
問題なく開放してくれるだろう。
それより、警官の危機管理体制を見てみたいではないか。
警察活動が正しく機能しているかイチ市民として確認する権利ぐらいあってもいいだろう。
しかし無視されたらどうしよう?
という、とても頭の悪い逡巡の末のことです。
今、考えてもバカの極みのようなミッションですねえ。
よい子は決してマネしてはいけません。
そもそも社会的に問題のある行為です。

まずは中央ケーサツ署の前を通りかかったとき、署の前で警備をしてる警察官がいないか
ドキドキしながら様子を伺いました。
あれっ、いない?
普段立ってなかったか?
そんなんでいいのか?

それから目を皿のようにして、警官とすれ違う機会を伺いました。
その目的のためにムリに歩いてたわけじゃあないのですが、
おまわりさんがいない。
警官を一人も目撃しないで3時間歩き回れる都市ってどうなんだろう。

中央署。入ったのは印紙を買いに来たときぐらいです
スポンサーサイト
  1. 2010/09/18(土) 22:00:16|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近 | ホーム | 略字>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/299-689c495e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。