フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アマデウス

久しぶりにテレビを見たら昔の映画「アマデウス」について、
貧相な内容に編集された番組をやってました。
こういう番組は正直いってやらないほうがまだマシじゃあないのかと
思ってしまうのです。
でも、その映画を知らない人たちへの紹介とか、興味を持ってもらうという意味では有効ですね。

映画「アマデウス」はモーツァルトの一般へのイメージを変えたということで公開当時は話題になったようです。
それまでのキマジメなモーツァルトファンからはブーイングの嵐が吹き荒れ、
モーツァルトのふざけた書簡を研究してたマジメ学者は肩の荷が降りたことでしょう。
映画の内容はあくまでフィクションですが、部分部分は史実からヒントを得ているものが多いです。
ただし、まったくホントに明らかな作り話は
1、サリエリがレクイエムの作曲を手伝ったということはない。
2、モーツァルトの奥さんがサリエリに色じかけをしたという記録や噂はない。

さらに、これフィクションだよねと思いたくなるけど、実は忠実に再現してたのが
モーツァルトの遺体の扱われ方。
墓まで遺族が同行することなく、ひとつの墓穴に何人もの遺体を放り込んだのは史実でした。
当時の法律に忠実に従うとああやって埋葬されたらしいです。
そのためモーツァルトが墓地のどのあたりに埋められたのかもわかってないんです。

今日見た番組ではありきたりなキーワードを出しておいて、肝心のことを言ってませんでした。
「アマデウス」はモーツァルトの洗礼名ですが、
訳すと「神の愛」になるってことはこの映画を表す上で最重要ポイントなんですけど
気づいてないのでしょうか?

久しぶりに雨がない一日
スポンサーサイト
  1. 2010/11/13(土) 23:44:49|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 今日もl鳥>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/356-4bfd0625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。