フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレブレ

数十年前ならいざ知らず、今は一眼レフを使っている方なら望遠レンズの一本や望遠域をカバーするズームの一本も使っているのがあたり前だのクラッカー(ふるいっていうか、私はいつの人?)です。
その望遠レンズにしても、みなさん平気で300mmぐらいのものは使っているのではないでしょうか。
関心してしまうのは、いろいろな作例を見ても、みなさん望遠でもブレた写真をとりにくくなっているなあということです。(ほんとの話、ひと昔前には「このレンズはアマイ」など偉そうにのたまう人のほとんどは未熟ゆえの手振れによる思いこみでした)今は一眼レフでも手振れ補正が一般的になってきているせいもあるのかもしれません。それともブレブレ写真は作例として日の目をみていないだけなのかもしれなくて、ほんとはたくさんのブレ写真がパソコンのごみ箱のもくずとなっているのかもしれませんねえ。私もけっこう量産してますよ。
量産しても、デジタルだからランニングコストがほとんどかからないし。ぶれるかもと思ったら、当然たくさんシャッターを切っておきますよねえ。余裕がある撮影なら考え方を変えて、シャッター速度を最大に上げるようにして撮ってみたりとかもありですねえ。
それでも、ブレないようにカメラを構えるように精進すべきで、両手のほかに顔もカメラ支持に使います。あとは電柱とかがっちりしたものにあててみるとか。最近のカメラのトレンドで、上から液晶を覗いて取れるカメラなら、首から提げたストラップをピンと張ってみるとか、腹や胸で押さえるのも手です。
要はがっちり支持できること。不安なら三脚を使ってもよいのですから。
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/09(土) 23:36:27|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真のつくり方(露出1) | ホーム | ビルゲイツのプレゼント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/41-64baed54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。