フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神経たかり

「俺アスペルガー症候群じゃないだろうか」こんなことを聞かれました。
私は即座に「違う」と答えます。
この時点で私はアスペルガー症候群が神経症の一種ということしか知りませんでした。
でも、それだけで十分だったのです。
症状のよくわからん病ではあるのだけど、こいつがそれを患ってないのは確実。
自分が心の病だろうかと考えるヤツほどマトモなもんだからです。
ただ、このあと話のコシを折らないように、知ったかぶりしながら
会話を続けるのはちょっと大変でした。
もっもちろん、私のアドバイスの効果が低下しないためですよ・・・
けっして見栄をはってたわけじゃあないのですよ・・・
会話の中でわかったことは、どうも対人関係でなんかやらかしたようでした。

そいつのいないところで、念のためウィキッてみると
「知能の低下がない自閉症」
「仕事に有能だが、対人関係に難」
のようなキーワード。ほー、自分で有能だと自負してるのかな?
それと思ったとおり
「人間関係を保つよう努力しない者のイイワケに使われる」
「そもそも、神経症の一種とするべきか疑問」
たぶん、アスペルガー症候群なんて
大意には「デキる奴だけど、人付き合いが下手」という性格に対して
例によって命名好きなやつが屁理屈こねて主張してアスペルガーと呼んだあげく
どこかの横文字かぶれの日本人が持ってきた言葉なんでしょう。
こんなの正常に社会生活できてりゃあ症候群よばわりして問題視するまでもない。
先に記したようにやった事に対する都合のいい理由付け、
つまりイイワケの材料にしかなってないように見えます。
腹立たしいことに、これを犯罪時の心神耗弱の理由とする鑑定まで出してる
おめでたい心理学者までいます。
まあここまで調べてわかったことは、
私の対応に間違いはなかったってことでしょうか。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 22:02:46|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の山 | ホーム | ロケ現場を通過する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/457-7c64d57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。