フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画のような

数日更新を控えてました。
別にその間に何か特命を受けて災害復旧をしていたとか
トラブルがあったわけではありません。

福島原発事故をみてると映画のゴジラが現実に出現するのと変わらんですね。
自衛隊が出てきて決死の対応してるのもいっしょ。
制御不能。放射能を撒き散らし、暴れまわる怪物に打つ手なし。
映画で暗喩されたとおりのことが現実に発生しています。
黒澤明監督の「夢」なら、まさに原発事故のストーリーもあったわけで。
つまり、こんな事故の危険性は素人でも予想できてたけど
電力会社や政府は世論封じにはエネルギーを使ってただけで
安全対策に必要なコストをかけていなかった。
「想定外の天災だった」なんてイイワケは「ふざけるな」と一蹴されるべきでしょう。
エンターティメントの世界で容易に予測できる重大事故が現実に発生してしまうなんて
いろんな意味でショッキングです。
また東電と総理大臣のやりとりも映画的。
「危険だから全職員の退避を許して」と訴える東電も東電ですが
「そんなことしたら国が(たぶん面子が)つぶれる」と職員の安全を軽視する総理大臣。
リアル悪役政治家ですね。
拒否するにしても誠意があれば「感動の決断」となった可能性もあったのだけど、
そのへんが馬脚です。
さらに、それは数日前の話で東電からは早くから「危険」と告げられていたようなものだから、
東電の訴えを早く公表して安全確保に動かなかったのも痛い限りです。
それだけの器量しかないのだからしょうがないか。
緊急事態とはいえ、あの仙石氏を要職に復帰させた無軌道ぶりといい、
いいかげんにしてほしいものです。
というか、早く今の座から去ってほしい。

暴走したら止められない原発なら、暴走しないようにしなければならない。
非常時にしか動作しない仕掛けをどれだけ真剣に構築していたのかは
後で包み隠さず公表していただきたいものです。
そして、今は他国の専門家に頭を下げてでも怪物を押さえ込んでほしい。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/18(金) 20:08:39|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネットショッピングをし損なう | ホーム | 引用>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/469-521b3489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。