フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白黒写真は永遠に

私が本格的に写真にのめり込んだのはモノクロ写真からです。
こんなことを枕詞にすると、これから書くことが回顧録じみるように期待させてしまうでしょうが、そんな展開にはなりません。あくまでもデジタルでのモノクロの話。
デジタルでモノクロをやることに対して、違和感を覚えることはありません。
以前、思いっきりのぶっちぎりで超微粒子仕上のモノクロネガをスキャンしたデジタル画像と、デジカメで撮った画像をモノクロ化したものとを比べたことがありました。
そのときはどちらも無補正の600万画素の画像にして比べてみましたが、粒状製ではデジタルの勝利。プリントアウトした結果も特にデジタルだから諧調がダメということもなく、上等なプリンターで出力すれば、引き伸ばした写真に負けないクオリティーは確保できると実感しました。
またデジカメで撮影する画像なら、コントラストフィルターを画像処理として加えたり、デジカメによっては撮影時に効果をつけることができる機種もあります。なによりレンズに黄色とか赤色のフィルターをつけて、ファインダーを見難くなることなく撮影できるのは、たいへんありがたいわけです。
面白いことに、カラーで取りまくって後でモノクロに変換すればいーじゃんという、一見合理的な手段は私のような不器用者には使えません。
モノクロにするときは撮影時から、気構えをモノクロにしないとダメなのです。カラーで撮った写真を見て、これはモノクロにしたほうがいいと思えるような写真がとれることはないんです。逆に最初からモノクロのデジタル画像で撮った写真を後から、これはカラーの方がよかったと悔やむこともないのです。もっとも設定をモノクロにしておいて、それを忘れてカラーのつもりで撮ってしまうまちがいは時々ありますが。
標準レンズ一本だけで撮ってみるのもおつなもの


スポンサーサイト

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2010/01/23(土) 00:12:48|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<白黒写真は永遠に2 | ホーム | 三分割法>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/01/23(土) 07:15:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/55-b4ff4ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。