フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

望遠レンズの話

さあ、標準と広角ときたら次は・・・

望遠レンズの使い方、って言うかあ効果は
1に引き寄せ。遠くのものを大きく写すこと。まず望遠レンズと聞いて最初に思いつくことでしょう。
これが小さいものを大きく写すとなるとマクロですので間違えないように。もっとも望遠マクロという合わせ技もあります。

2にボケ効果。望遠レンズはピントが合っていない部分を比較的ボカすことが可能で。主要な被写体以外を省略する(認識できる形として見せなくする)用途に向いているのです。ポートレートの定番です。

3に圧縮効果。離れているもの同士がすぐ近くにあるように見えます。この効果が実感しやすくなるのは画角10度くらいからでしょうか。35mm判換算で200mmくらいの焦点距離のやつ。このテクニックはTV映像でもよく使われていて、たとえば猛獣と人間がすぐそばにいるような印象を与える映像をつくることが可能です。実際にはかなり離れていても、ニュース的に危機感を抱かせるような画にしたいとかで使います。
この説明はわかりにくいかもしれないので珍しく作例つきです。鳥がとまっている杭の間は実際は見た目のように密集していないのです。後ろのボートはかなり離れています。

私は望遠レンズはあまり使わないと自覚しています。
しかし、ここ最近の写真の出来を見ていると、唖然とします。
・・・望遠レンズを使ったものに好ましい結果が多い。ナニヲヤッテンダ。
35mm判で500mmぐらいか?鳥さんと鳥さんの間は結構離れてます
スポンサーサイト

テーマ:写す - ジャンル:写真

  1. 2010/01/30(土) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<解像感 | ホーム | 広角レンズの話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/63-0e879422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。