フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

解像感

ここのところ、カメラ関係の情報やら雑誌とかで解像度という言葉が使われることが少なくなったようです。
代わって言われだしたのが解像感。
昔は各メーカーは微細な情報を写し取れるレンズの開発に追われ、解像力の測定チャートで高成績を出すことに腐心していたといわれています。ある時期から写真がよく見える基準はそれだけではなくて、コントラストとかボケとの境界とか、もっと突っ込むと収差とのバランスの総合評価と見なされるようになりました。
解像度だとチャートを写し取る測定値だけど、解像感なら見た目の感覚なので総合的な評価。写された現物を判定しての言葉という意味あいでは、よっぽど鑑賞者目線な表現です。
モニターで等倍表示して画面の隅っこの像を鑑賞するマニアの見方ではないことは確かですね。
いぢわるい解釈をすると、解像度と自信を持って評価できなくなった批評家やプチたちの逃げ表現。
もっと穿った見方をすると、流行言葉に乗せられて使っているだけではないかとも思うのです。

メーカーが以前は本当に解像度オンリーなレンズばかり作っていたのか、正直なところ私にはよくわかりません。
昔のレンズを現代のカメラに付けて使ってみる機会があると、メーカーを問わず「すばらしい解像感」に驚くことが少なくないからです。
どうも一部の声がおおきな狭視野批評家の思い込みとか、途中参加しながらもユーザーを見捨てて事業撤退したメーカーの宣伝文とかの影響が大きいようです。

解像感ぐらいならいいとしても、新語を増やすのはできるだけ勘弁してほしい。
とくに分かってもいないようなのに目立ちたい意識(としか思えない)だけで日本語を増やそうとする奴は極刑ものです。
このまえある掲示板をみてたら、「ヌケ感」などというとんでもない言葉を作っている痴れ者がいました。なんでも感つけりゃあいいってもんじゃあない。ぬけてんのはおまえだです。




スポンサーサイト

テーマ:写す - ジャンル:写真

  1. 2010/01/31(日) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヌケ | ホーム | 望遠レンズの話>>

コメント

はじめまして

いやぁ、大拍手です。

私はレンズなんて何だっていいってタイプでして、解像度、解像感なるものとは縁遠い人間です。

そもそも「ヌケ」、これをたやすく使い過ぎる気がします。肉眼で空が抜けて見えない状況で、写真を撮ってもそりゃぁヌケの悪い写真になる訳で、レンズ云々よりも、その日の天気が最も左右するのがヌケだと思っています。

露出、特にアンダー状態で、持ち上げてプリントすると、ヌケが悪くなりますが、それもヌケ云々の話でなく、露出の調節の範疇の話ですもんね。
  1. 2010/01/31(日) 00:46:17 |
  2. URL |
  3. BigDaddy #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

いやぁ、大拍手されるようなことをかいているつもりはないのですが・・・
ありがとうございます。

ヌケもそうですし解像感もそうなのですが、人の感じ方ですよってことでいいと思います。
クリアに写った写真を見て「これヌケがいいね」はありですが、特定機材の評価として「ヌケがよくない」はよほどひどい機材でない限りあり得ない表現だと思っています。
  1. 2010/01/31(日) 22:01:29 |
  2. URL |
  3. 札幌の又三郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/64-9aa1047c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。