フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラー赤外

今日は度々書き惜しみしていたことをやっと書けます。
外国の赤外写真の愛好家のHPを見て、色がついた赤外写真らしきものが気になっていました。
ただし、本当のカラー赤外写真ではないことは分かっていました。なぜなら、私はカラー赤外ファイルで撮った写真を見たことがあるから知っていたのですが、本物はすごい変な色で感光するのです。人様の前に写真として公表するには悪趣味な色あいで、特殊な科学記録用なら勘弁してやるかという風情のものです。
だから、HPに載っているのは手彩色したものに違いないと猪突猛進思いこみです。白黒写真しかなかった時代のまねごとが時を越えて再現されたようで、ある意味感動ではありました。

ところが、ちがったのですね。
本当は以下のようなことをやったらしいのです。よい子のみなさんは真似をしないほうがいいと思います。
1 カメラを分解する。
2 カメラからローパスフィルター(センサーの直前にある青っぽいフィルター)をはずす。
3 透明なガラス板をローパスフィルターがあったところにつける。
4 カメラを組み立てる。
5 白黒写真にも使われる、赤ファイルターをカメラ(レンズ)に装着する。
6 その状態でカメラのホワイトバランスを手動でセットする。 
7 撮影する。
8 画像データの赤と青のチャンネルを逆にする。
9 画像調整する。

すばらしい、8の工程なんてデジタルじゃないと絶対できないです。
また9の工程をあえて書いたのは、そうしないとすごく目の健康に悪い画像になっているはずだからです。
こうしてできた写真は擬似カラー赤外写真というみたいです。
画像調整はいまひとつ
スポンサーサイト

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/19(金) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤外線専用機のその後 | ホーム | しつこく赤外>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/83-b5917be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。