フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空気レンズの話

空気レンズという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ライカM3用の標準レンズとして売り出したズミクロン50mmは優秀なレンズで、空気をも写してしまうかのようなすばらしい描写なので空気レンズと言っているんです・・・まことしやかに流布している向きもあるようですが、大ウソです。
本当の意味としては(従来なら1枚のレンズで済ました部分を)レンズを2枚構成にして、レンズの間に狭い空間をおいて、その間のレンズの補正力を利用する手法というのが○です。最初に出したのはライツのズミクロン50mmなので、これは合っています。ただ、その先の解釈にM3憧憬がブーストして妄想が紛れ込んだようです。
ですから、空気レンズなんてなんのことはない、レンズの構成枚数を増やして収差補正をするのといっしょです。昨日の話のコーティングの進歩によって出てきたことなんです。じゃあ、すべてのレンズはガラスのレンズと空気レンズで構成されているのか・・・これは誤りです。あくまでも空気レンズと主張するためには、その部分を代替したと言える原型があっての空気レンズなのです。
つまりは、従来は1枚だったけど2枚にしましたとか、従来は3枚を張り合わせて1群にしていたけど中1枚を抜きましたとかじゃあないとダメなんです。
後者の3枚張り合わせの中1枚を抜くから、ゾナーを連想できた方はなかなか鋭いです。このレンズは初期は3群でしたが、後に4群が常識になりました。私はなぜ、途中でレンズ構成が変わっても同じレンズの種類なのか不思議だったのですが、空気レンズが間に一枚入っていると看做せば、なるほどおんなじです。

ここのところ、へんな知識の話が続いたのは、確定申告に頭がいっぱいいっぱいだったからです。それも今日で終わりました。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2010/03/06(土) 00:07:07|
  2. 写真のつくり方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<確定申告と私 | ホーム | レンズの枚数>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://photolibrarynikki.blog104.fc2.com/tb.php/98-5ddc7bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。