フォトライブラリー日記

写真素材サイト「フォトライブラリー」への写真登録に関することを主なテーマとします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本昔話

北海道は日本的な伝承に乏しいところです。
子供のころに。日本の昔話を読んだり、聞いたりしても、なんか北海道の人間にはピンと来ないというか。
魂に熱く語るものがないというか。
まあ、空々しい、どこか違う世界のお話という感じででした。
日本の昔話といのは、どんな時代の話であれ、なんか江戸時代の文化に脚色されている気がするのです。

江戸文化がダメダメな北海道で、最も江戸文化を持ってたのは。松前でしょう。
松前藩がありました。
日本の城がありました。
テレビドラマではあの水戸黄門も来訪したことになってます。
そんな松前ですから、昔話のロマンのひとつもあるのです。

狂った松前藩主がたくさんの人の耳をそいで埋めた耳塚の話とか。
狂った松前藩主が家臣を殺して投げ込んだ井戸の話とか。
いや、そんな話ではなく・・・

「血脈桜」
タイトルはおどろおどろしいですが、ホラー系ではありません。
昔松前の寺である夜、住職の枕元に若い女が現れて泣きながら血脈を頼んだ。
血脈とは、死んだ人が 仏になれるようにお坊さんが与える書簡のことで、
たぶんキリスト教の免罪符と似たようなものであろう。
住職はめんどくさがりながらも、血脈を与えた。
翌日になって、前々から計画していたリハウスのために、植えてあった桜を一本切ろうとしたところ、
木に紙がくっついている。
住職がその紙を取って見たら、昨日自分が書いた血脈ではありませんか。
それで住職のファンタジー魂に火がついて、昨日の美人は「桜の精」にちがいあるまいと断定し、
お寺の拡張工事を中止したという話です。

大筋はこのとおりですが、こう書くと昔話としてのありがたみがありませんね。
この桜は現存しています。
「南殿」という品種で、松前にある南殿はすべて、この木から分けられていて、
この木は松前のすべての南殿の中で、毎期最初に花をつけるそうです。

血脈桜が満開の姿を見たかったのです。
今年ようやくかないました。
本文で言いたかったのは最後の2行だけ?
こんな花がつきました



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/10(月) 00:07:07|
  2. 渡島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。